フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 峠の釜めし本舗おぎのや | top | 札幌の味噌ラーメン すみれ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ロハスなお箸

箸美人になりたくて、兵左衛門のお箸を買ってから3ヶ月。
(詳しくはコチラ

軽くて使いやすいし、なにより大量生産されたお箸よりとっても愛着が沸いてきました。

この箸を通じて、体づくりに欠かせない大切な食を食べていると言うこと、
お箸文化の国・日本人であること、
そしてお箸を通じて食文化を学ぶいいきっかけにもなっていました。

そんな時、主人のお箸の先が折れてしまいました。
食べている最中、誤って箸先を噛んでしまったようです。
ほんの1センチ程度の傷ですが、使用し続けるのは危なすぎます。

当の本人、相当このお箸を気に入っていたようで、がっかりしています。
「ずっと使い続けていこうと思ったのに・・・」
そう言っていました。

修繕が可能か、もしくはもう1本だけの販売が可能か兵左衛門に電話をかけて聞いてみたところ、
「お箸の傷を確認して見積もりを出しますので、郵送していただけますか?」
と言われました。

傷によっては修繕が可能らしいのですが、場合によってはもう1本だけの購入を薦める場合もあるそうで、とにかく郵送して見積もりを出してもらうことにしました。

見積もりの結果、箸先が少し短くなるとのことでしたが、修繕が可能とのこと。
結局1700円近くかかってしまいましたが、
安いか高いかは個人の価値観の問題。

安いお箸をたくさん買うのもいいかもしれませんが、
結局無駄にしていたら安いお箸も高くなってしまいます。

ぴーこは決して安いとは思いませんが、大量生産されたお箸と違って
愛着がわいていたお箸なので、大切に使っていこうと思っていたばかり。

モノにも命がある以上、いつまで使えるか分かりませんが、
出来るだけ大切に使っていこうと改めて思いました。
そんなことから箸美人の1歩が始まる、そう勝手に決め付けているぴーこです。

それにしてもずっと使えるお箸、ロハスなお箸だと思いません?


メインサイト  節約*キッチンもヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

グルメニンキブログ








ダイニング・キッチンツールの話 | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
Ritty 2006.11.25 Sat 00:35
こんばんは☆

兵左衛門のお箸、以前NHKで紹介されていて、とても興味がありました。半分のサイズになる持ち運び用です。

大量生産ではないお箸、私も好きです。うちは、実家の物置に眠っていた漆塗りのおはしを夫婦で使っていて、まだ自分で買ったことがありませんが、使い心地は背筋がシャンとなる感じ。楽しいです。

箸美人って、とても良い響きですね。私は常々、先っぽだけを上手に使いこなせる人になりたいって思ってます。
トン 2006.11.25 Sat 08:36
ぴーこさんへ

外食やコンビニの影響で、お箸への関心が薄れてる気がしますね。
ぴーこさんの話を聞いているとなぜか・ほっと・します。
日本の食文化は素晴らしいですね。

しかし、気になる記事が・・
吉兆の創業者、湯木貞一は「日本には季節、季節に素晴らしい
食材があり、料理人として最高の仕事が出来る」

それから30年、3代目徳岡邦夫は、不安げに・・
「日本の優れた食材は今後も存在するのか」と語っていた。
あの吉兆でさえ、季節の食材確保に大変らしい・・

温暖化、乱獲、森林伐採。

みんなで日本の食文化を守りたいものですね?
ぴーこ 2006.11.25 Sat 20:51
Rittyさんへ。

やっぱり!
Rittyさんは漆塗りのお箸、
使っていそうな予感がしましたよ。

そうなんですよね。
なんだか、キチンと背筋が伸びる感じがします。

ぴーこはお箸を取るときの仕草が
素敵な女性に憧れています。
そんな箸美人になるのはいつかな?
ぴーこ 2006.11.25 Sat 20:57
トンさんへ。

面白くないネタかと思っていたのですが、
ほっとすると言われると嬉しいです(涙)。

外食業界での箸の乱雑な扱いに、ちょっと疑問を感じてます。
以前、「マイ箸を持参のお客様にスタンプを押す」
といった企画を出したら、あっという間に却下されたことあります。
今の時代にはそぐわないと・・・。

そういう考えがある以上、
外食業界の発展はどうなるんだろう?って
心配してしまいます。

吉兆でも食材確保が難しいなんて知りませんでした。
日本には彩り豊かな情緒溢れる季節があるのに、
その季節を感じられる食材が手に入らないときが
やってくるかもしれないって考えると、とってもさみしく感じます。

日本の食文化、是非守って行きたいですね!
コメントする











Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other