フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ランチドレッシング | top | 2級試験 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ご馳走様を言いますか?

『ご馳走様でした』

この言葉、普段の生活で言ってる人は、
どのくらいいるのでしょうか?

最近では「いただきます」「ごちそうさま」、
この二つの言葉を使う子供達の数が減っているそうです。

あるラジオ番組で、

「お金を払って食べさせているから、
給食を食べ終わった後にご馳走様を言わせないで欲しい」

と言う主婦の言葉が発端となり、新聞でも大きく取りだたされました。

問題は子供だけではありません。

あるフードコーディネーターの講師の方が、

「フードコーディネーターを学びに来てる人の中に、
食のマナーが身についてない人がたくさんいる」

と言っていたのを思い出します。


「いただきます」とは命を頂くという意味が含まれており、
食べることで生かされるということ。

「ごちそうさま」は料理を作ってくれた人、
野菜を栽培して育ててくれた人、魚を釣ってくれた人、
食べられるまでの間に携わった色々な人や、
自然に感謝すること。

そう、教わってきました。

この言葉、外国語では存在しません。
日本語独特の表現かもしれませんが、
素敵な言葉だと改めて感じたことがありました。

それは、週末に近所でも評判のうどん屋さんへ
行ったときのことです。

老舗のうどん屋さんです。
お客様も家族連れから年配の方まで、
たくさんいらっしゃいます。

そんな時、大きな声でちゃきちゃきと
仕事をこなすおばあちゃんがいました。

多分70歳近いと思います。
ニコニコ笑いながら、接客をしていました。

年配のお客様がほっとするような接客をしているようで、
接客中も笑いが絶えません。
そのおばあちゃんも、お客様も・・・。

食べ終わって帰るとき、
そのおばあちゃんがお会計をしてくれました。

つい、
「美味しかったです。おなかいっぱいになりました」
と言ったところ、
おばあちゃんは顔をくしゃくしゃにしながら、
「あ〜、それは良かった」
と笑っていました。

おばあちゃんはお金を受け取り、
お釣を返そうとしたとき、
「嬉しいお言葉を頂けたから、ほんの気持ちで
5円のおまけね」
とお釣を5円多く返してきました。

びっくりしましたが、こちらも嬉しくなりました。
もちろん、5円得したことではありません。
何気なく言った言葉でおばあちゃんが喜んでくれ、
その喜ぶ顔を見たこちらも嬉しくなりました。

満足感がなければこの言葉は出てこなかったかもしれませんが、
お互い嬉しくなるなら、こんな素敵な言葉はない、
そう思いました。

おなかがいっぱいになったことより、
嬉しい出来事でした。

いつも何気なくご馳走様を言っていましたが、
もう一度この言葉の意味を考えさせられました。

作った人も食べた人も、みんなが喜ぶこの言葉。
 
使ってない方がいらしたら、
今日から使ってみませんか?



参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば




食育の話 | comments(8) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
キラリ 2006.06.26 Mon 16:41
こんにちは☆
今日はこっちに♪

ごちそうさまを言わせないでほしいなんて、ばかなこという母親がいるんですね。
びっくりです。

そういうのって基本ですよね。

お金を払ってるからとかそう言う発送にビックリしちゃいました。
くじらちゃん 2006.06.26 Mon 17:31
最近の子供の言葉のみだれは、すさまじいですね。
でも、それは親のみだれに連動しているようです。
先日、子供の授業参観後の父母会で、授業中にムダ話をしている子供を見て「のびのびとしていい授業でした」とのたまわっていらっしゃるお母さんがいました。愕然!!
考え方が違うんですかね?

私は、仕事も食に関することなのですが、
特に食べ物に関しては、感謝の気持ちを大切にしたいと(してもらいたいと)思います。
ぴーこ 2006.06.26 Mon 19:05
キラリさんへ。

悲しいですよね〜。
そんなお母さんがいるなんて。

ちっこい子供達が大きな声で、
「いただきます」
「ごちそうさま」
って言ってる姿、すっごく可愛いのに。

基本って大事ですよね。
ぴーこ 2006.06.26 Mon 19:14
くじらちゃんへ。

食べ物に対して感謝の気持ちを忘れないご両親は、
お子さんにしっかりと、受け継がれていくのでしょうね。

ぴーこもくじらちゃんと同意見です。
食べ物を食べられることに、
感謝しながら食べたいです。

食育の中にも、是非、食べ物への
「感謝」の気持ちを組み込んで欲しいですね☆
OLその1 2006.06.27 Tue 08:49
同感です!ほんとにほんとに同感です。
いただきます。ごちそうさま。ありがとう。ごめんなさい。
そんなあたりまえの言葉が本当に大事だってことを親は子供に
もっとちゃんと教えるべきですよね。
人間関係が希薄になってきている中、大事なことをもっと話していきたいですね。
ぴーこ 2006.06.27 Tue 09:56
OLその1さんへ。

大切なことやモノが失われないために、
ちゃんと教えていかないといけませんね。

最近のぴーこは、食にまつわる日本の伝統的な文化や、
受け継がれてきたものが、だんだんと失われていくような
気がして、ちょっと心配してしまうのです。

食を通じて教えていけることは、
ちゃんと教えていきたいですね。
SHIHO 2006.06.27 Tue 21:43
こんにちは。

”お金を払って食べさせているから、
給食を食べ終わった後にご馳走様を言わせないで欲しい”

ご馳走を目の前にしたら自然に「いただきます」や
「ごちそうさま」ってことばが出てくるものですよね。

これはお金払ってるから「ごちそうさま」を言っちゃいけないんだ、
って子供は考えるんでしょうかね。

自分の子供と同じクラスにそういう親がいたら、と思うと
ゾッとする話ですね。。。
ぴーこ 2006.06.28 Wed 09:30
SHIHOさんへ。

お金を払っても払わなくても、
「ごちそうさま」の意味は
変わらないはず。

このお母さんの解釈が
ちょっと違うんでしょうね。

SHIHOさんの言うとおり、
同じクラスにいて欲しくない
お母さんNo1かも!

コメントする











この記事のトラックバックURL
http://hpygrnlife.jugem.jp/trackback/31
トラックバック

Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other