フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 王様のシャンパン | top | 飲食店をだすということ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

手打ちうどん

うちの家に代々伝わる料理の一つに、
手打ちうどんがあります。

小さい頃はよく祖母が作ってくれました。
足で踏みつけるのが私達ちびっ子達の役目。
そのうどんを切るのが祖母か父の仕事。
茹で上げるのが母の仕事。
出来上がったうどんを、近所に住む叔父が取りに来る。

そんな暮らしをしてきました。

今でも頻繁に父親が作りますが、
当時手伝っていたちぴっこ達は一切手伝いません。
食べるのみ。

そんな時ふと思ったのです。

昔から食べられ、今では父へと受け継がれたうどん。
何の変哲もないうどん。
もしこのまま誰も作れないままだったら、
ちょっとさみしいって。

うどんが食べたければうどん屋に行ったり、
スーパーで買ってきたり出来るけど、
うちのうどんは、うちでしか食べれません。

うどんを守るより、受け継がれてきた流れを
守りたかったのかもしれません。
そして、先日うどん作りのお手伝いに。

いきなりうどんは作れないので、
当時のように足でしっかりと踏み込むことに。

出来上がったうどんはいつもと変わらない味でしたが、
思ったよりコシが足りなかったかも?!

うどん

昔のように足で踏み込む手伝いを続けて、
うどん作りを頑張ってみようと思ってます。

食べるだけじゃなく、味を守って受け継いで
いくのも大切なんだと感じた一日でした。




参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば





料理のお話 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
どばんど 2006.09.21 Thu 08:30
はじめまして。
うどん作りが父から子へ受け継がれていくって素敵ですね。

私も家で時々うどんを打ちますが,踏みは2人の娘達が喜んでしてくれます。自分達も作るのに一役かっていることがうれしいようです。
ぴーこ 2006.09.22 Fri 08:15
どばんどさんへ。

はじめまして♪

踏み踏みはぴーこ達も小さい頃、
良くやりました。
楽しいんですよね〜♪
どばんどさんの娘さんとおんなじ♪

うちの定番メニューのこのうどん、
今作れるように奮闘中です!
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://hpygrnlife.jugem.jp/trackback/24
トラックバック

Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other