フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アナリスト | top | お気に入りのお店 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

フードバンク

飲食関係の仕事をしていると、
食料品の廃棄処分のシーンに遭遇することがあると思います。

みなさんはどう思いますか? もったいないって思いますか?
多分、みなさんがそう感じると思います。

売れなくて利益が取れずもったいない。 そうではありませんよ。
(これじゃ、食品偽装ですから!!)

せっかくの食料品がゴミとして出される。
食べられるのに破棄しなくてはいけない。
もったいない・・・・・・。 そうですよね??

でもですよ。
廃棄される食料品が無駄なく他で大きく生かされているとしたら?


ほんの1ヶ月前、確か年末だったと思います。
とある記事で読んだNPO法人・セカンドハーベストジャパンの存在。





全ての人に食べ物を。
豊かな食生活を送っている私たちの知らないところで、
飢餓や植えに苦しむ人たちがいる事実。
食の不均衡さを無くす為、過剰に余った食料や
運送時に傷のついてしまった食料など、
じゅうぶん食べられるのに市場へと出されない食料、
または寄付などによって食料を必要とされる方々へ届けられると言うシステム。
今ではフードバンクとして認知されてきました。

テレビ朝日の素敵な宇宙船地球号という番組でも放送されてましたよね。
詳しくはコチラ

立ち上げたのはひとりの元アメリカ人兵士であるチャールズさん。
ホームレス経験を得る為に、1年半も路上生活をされたんだとか。

テレビではハインツ日本株式会社がラベルに汚れがあるケチャップや、
へこみがあるせいで出荷できないスープ缶など
セカンドハーベストジャパンへ寄付し、
そこから食料を楽しみに待ちわびている方たちへ届けられる。

また、アメリカンスクールの子供達がお金を出し合い、
お米を買って寄付する。 そんなシーンも放送されていました。

最後にチャールズさんは言いました。
「私の国 日本。  わがコミュニティ」

食料を前にして私は日本人、あなたはアメリカ人。
そんな区分けは必要ないってこと。

この青き地球に住んでいる以上、
教育と食料だけは公平に与え、または受ける権利があるはず。
だって、そうですよね?
食料がなかったら勉強も出来ない。
食料がなかったら動くことも、働くことも出来ない。
ましてや生きていけない。

私たちが出来ること。
寄付することも、お手伝い(ボランティアとして)することも出来るけど、
私たちの食生活を見直すことも出来るはず。

無駄を出さない。 廃棄を出さない。
なにより無駄のない食生活を送ること。
これだけでも違う、そう思いませんか?

私もはじめてみました。

とにかく、無駄なものは買わない!
安いからと言って買いすぎない!
食べきる毎日を心がけようと思いました。


最後に、番組を観ていて思ったこと。
フードバンクの代表の方をはじめスタッフは外国の方、
ハインツもアメリカの会社、出てきた学校も日本ではなくアメリカンハイスクール。

「あれ?ここはアメリカが舞台?」
そう思わせられる光景。明らかに日本でした。
なんだかちょっとショック。

がんばらなくっちゃ!
ガンバレ、にっぽん! ガンバレ、日本人!!



メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば




食のお話 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other