フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2008年 | top | アナリスト >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

内食

仕事を始めてから感じたこと(特に年末年始)。

なんとなくなのですが、
「家で食事をしよう」と言う方たちが、
以前に比べ増えてきているような気がしてならないのです。

理由は色々あげられると思います。
飲酒運転の取り締まり(それに伴い飲ませた側も飲酒ほう助)、
原油高騰による値上げラッシュ、
相次ぐ食品偽装などなど、昨今のニュースでとりあげられた話題ばかり。

これ以外の大きな理由としては、
クリスマスや年末年始など「家族と過ごす時間」
考えている方たちが増えたのでは? そう感じてしまうのです。


欧米のクリスマスは家族と過ごす大切な日。
日本と違ってお正月より大切な日なのです。

ちょっと前まではキリスト教徒でもない日本人が、
しかもクリスマスイブである24日にうかれている様が
欧米でも不思議だと言われてきました。

ですがここ数年、クリスマスを祝うと言うより
一緒にクリスマスを過ごす家族のありがたさ、
または幸せだと実感する人が増えてきたようです。

友人のブログなどを見ていても
そのような一文を書いている方もたくさんいましたし、
少しずつ変わってきているんだなぁ〜と実感しました。

スーパーマーケット勤務の友人の話でも、
例年になく家で食べようとするお客様が多かったとも言っていました。

いつだったか忘れてしまったのですが(多分、今年に入ってからだと思うのですが)
家でしっかり作って食べることに重点を置く方が増え、
圧力鍋などの需要が上昇してきていると新聞にも書かれてありました。
それ以外では高価なキッチングッズや家電など
購入する方が増えてきているそうです。

ますます、外食<内食という傾向が強まってきているのでしょう。

確かに私自身もその傾向が強くなりました。
結婚したこと、周りの友人とホームパーティが増えたこと、
それらも外食より内食にシフトした理由です。

外食産業がますます厳しい時代に突入したということ。
これも感じたことのひとつです。



メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば







食のお話 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other