フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 食について考える | top | 接客は作業じゃない >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

野菜の無人販売所



ぴーこ両親の趣味は家庭菜園です。
ここでも何度かお話したかと思いますが、お米も作ってます。

自分で作ったものを食する生活を楽しんでいるふたりですが、
作ることに集中してしまい、実った野菜が余ってしまうという問題が発生してきました。

友人や親戚に配っても食べきれません。
毎日旬のお野菜を食べても処理しきれません。
はて・・・・・・。 どうしようか?

たくさん実り収穫できても食べなければ意味がありません。
野菜達も可愛そうです。
色々考えた挙句、ナント、野菜畑の前に無人販売所を作ってしまったのです。


はじめるにあたって、実際やったことのある方々にお話も聞いたようです。

「1個100円って書いておいても実際お金が入ってない」
「お金が入ってる箱を持っていかれた」
などちょっと悲しくなるようなお話もあったようですが、
利益をあげようと考えるより新鮮な野菜を地元の方に食べてもらおう。 
そう思いはじめたぴーこ父、すべて1個100円でスタートしました。

ひとりでせっせとテーブルを運んだりしていたのですが、
野菜やお米の生産にも興味が出始めた夫も手伝いなんとか形になったようです。

初日は500円。 翌日は2000円。
そして多い時は5000円近くも売れるようで、
もはや無人でいられなくなったようです(笑)

畑をウロウロしていようものなら、
「スイマセ〜ン」
とお声がかかり通りすがりの方と予想外のおしゃべりが始まることもあり、
なんだか楽しそうな話を聞く機会が増えてきました。

買っていく方からお話を聞くと、
目の前の畑で作っている様子を普段から見ているので成長も分かる、
朝採り野菜の甘さと新鮮さに驚いた、
直接作っている方から買う安心がある、
などなど食への意識が高い方たちが多かったのにぴーこ父は驚いておりました。

ぴーこ父の予想では、1個100円で安いから買っていく。
そう思っている方たちがほとんどだと思っていたんだとか。

しかも農薬に関しての質問もあるんだとか?!
どんな農薬をまいているんですか?からはじまり、
どの野菜には使ってどの野菜には使わないのかと言う質問まであるらしく、
無農薬や減農薬に関しても意識が高かったのにはもっと驚いたようです。


食への意識が高い方たちが買っていくお野菜たち。
もっと勉強しなくちゃいかんと感じたぴーこ父は
何故だかスーパーめぐりが最近の日課。

仕事の都合であちこち行ったついでにスーパーへ立ち寄り、
野菜をいろいろと見てまわっているそうです(笑)

さらに、
「ブロッコリーって作ってないんですか?」
「白菜がなくなっちゃったんですけど、売ってもらえませんか?」
などリクエストもあるらしく、なにやら張り切っているぴーこ父。
先日は普段食べないような野菜の種まで買ってきていました(笑)

珍しい野菜に関しては夫に頼んでレシピを作成してもらい、
お野菜にくっつけて販売もしているようです(笑)

最近では私が育てたパセリも狙われている様子。
「食べないなら売っちゃうぞ!」と言われてしまい、
むしられてしまう前に畑に行って来ないといけなくなりました。


自分の食べる分だけを作ろうと思ってはじめた家庭菜園ですが、
「『昨日買った白菜が甘くって美味しかった』と言われると嬉しいもんだな」
とぴーこ父。 ぴーこ父も白菜も喜んでいることでしょう。

思わぬところで広がった野菜の輪。
これで野菜の廃棄も減るし、嬉しい限りです。

ちなみに、もっと嬉しいことにお金があわないということが1日たりともないんです。
世の中物騒だと言う方が多いけど、まだまだ捨てたもんじゃないんですね。
頂いたお金は来年のタネ&苗代にするそうです(笑)



メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば




食のお話 | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
WCR管理人 2007.11.14 Wed 17:07
はじめまして、日本ブログ村からやってきました。
レシピ付きの野菜販売いいですねぇ。
私も近隣の農家が野菜を納品するお店でいつも買っているのですが、珍しい野菜を見ると買おうかどうしようかよく迷っちゃいます。そこに、レシピがついていたり、野菜の特徴やどういう調理法が相性がいいかっていう情報があったりすると、買う確率がぐっと上がります。
作る人、食べる人、料理する人との関わりが、幸せな形で実現されているのは、きっとお父様のお人柄にもよるのでしょうね。
ぴーこ 2007.11.17 Sat 22:00
WCR管理人さんへ。

はじめまして♪

レシピ付き、好評らしくいつもなくなっているようです。
レシピって言っても黒豆の煮かたなんですけどね(笑)

珍しい野菜が出回るとつい興味ついでに
手が出ちゃうけど、食べ方が分からなくって
買うのをやめたって事あります。
レシピ付きで売ってくれたら嬉しいですよね〜。
コメントする











Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other