フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 業態を考える | top | 外食産業への投資 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

地元密着と自負してるお店

先週、夫ともに自転車で地元のお店開拓へ出かけました。

ずっと住んでいる場所でも、ちょっと路地裏に入ると知らないお店が出来ています。
しかも、駅前の商店街エリアなんて普段じゃ行かないし、
たまには地元の赤提灯のお店に行きたいと夫が言うので行ってきました。

やっぱり自転車じゃないといけない。
ってことで、初日は開拓。 別の日にお店へ出向きました。

見つけたのは赤提灯のやきとり居酒屋。
お店の入り口が開け放たれており、なかの様子が丸見え。
物凄い混雑に驚きました。 地元にこんな盛況なお店があったのって。

店舗はかなり古いお店で、ビルの1階にありました。
お世辞にもキレイとは言いがたいカウンター。
荷物を置く場所がペットリしてました(笑)

夫と共に店内に入ると、カウンターの席をあけてくれたお客さん。
みなさんどうやら知り合いの様子。常連客なんでしょうね。

想像していた以上に焼き鳥もおつまみも美味しく、
なにより店内の雰囲気を見ているだけでも楽しめます。
とにかく活気のあるお店。 ついつい飲みがすすんでしまいそうです。

何気なく声をかけてきたマスター。
30年以上もお店をやっていると言ってましたが、
地元民のわたし、全くそのお店の存在に気づきませんでした。

とにかく地元の常連さんに愛されているお店。
そんな雰囲気が伝わってきました。
実際、地元だけあって、知り合いの方を何人も見るほどでしたから(笑)


「うち、地元に密着したお店作りを目指してるんです」

そう言うオーナーさんが多いですよね。 とってもいいことだと思います。

お店をやっている以上、地元に根付いて店舗運営するわけですから
密着していかないといけません。

時にはお付き合いも必要です。

以前、私がいたお店は小学生の緊急避難所でした。
と言っても、実際に使われたことはないのですが、
登下校のとき何かあったらこのお店へ非難しなさい、
そう指定されていたお店だったのです。

ただそれだけだったけど、小学生から「ありがとう」
というお手紙と絵をもらったときは嬉しくなりました。

「今度、おじいちゃんおばあちゃんとたべにいきます」
と書かれてあった手紙は今でも忘れられません。 そんな交流も地元ならでは。

地元のお店には知人のお店もいくつかあります。
やっぱり「地元に愛されるお店作りを目指している」って言っています。


そして今週末、地元で大きな花火大会が開かれます。
これは地元の人たちも、近隣の方たちも楽しみにしている夏の大きなイベント。
私だって楽しみです!

パンフレットに協賛企業やお店がリストアップされていたのですが、
「地元に愛されるお店作りを目指してる」と言ったお店の名前が一切ないのです。

確かに花火大会が行なわれる時間帯は客足も鈍ります。
協賛金を出しても利益があがらないと意味がありませんからね。

朝からチェック(飲食店の協賛)を欠かせなかった私。
地元から愛されているお店、お客様を大切にしているお店は
ほとんど協賛していました。

それに比べてお客をどこかでバカにしているお店。
利益優先のお店(ちょっと客足が鈍っているお店など)は名前がありませんでした。

去年まで協賛していたお店はたくさんあったのですが、
今年はそんなにきついのでしょうか? 
それとも花火大会の日は商売にならないのでしょうか?


どちらにせよ、地元の人たちはパンフレットを見ているものです。
帰宅した夫も、
「あの赤提灯のお店、協賛してるかな〜」
と楽しそうにチェックしてました。

もちろん、協賛してましたよ、そのお店。
夫はますますそのお店を好きになった様子。

地元に愛されるお店を目指すなら、まずは地元密着を目指さないと!
そう知人に教えてあげたくなりました。

花火大会が行なわれる地域のみなさん、
協賛リストをご覧になってはいかがですか??


追記
先日、サイトオープンから1年がたちました。
フードコーディネーターを目指す方や、食育の悩みを抱えている方からメールを頂くこともあり、
私も少しばかり役に立つことがあるんだな〜と嬉しくなったことも(笑)
サイトをオープンしてよかったな〜と思う今日この頃。
ちょっとしたお礼もかねてイベントを企画中です。

ただ今、ほんのちょっと多忙中につき、詳細は来月あたりに告知したいと思います。
これからも節約*キッチンをどうぞヨロシクお願いします♪


参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば
外食・飲食店のお話 | comments(11) | -

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コブタ 2007.07.29 Sun 10:03
お久しぶりです!半年以上きてないような気がします。
実は、私入院してまして今年は散々でした。
今は、退院してまたもとの仕事へ戻りました!!!

入院している間、いろんな本を読みいろんな資格に興味がでてきて
ぴーこさんの様にフードコーディネーターをと・・・
本などいろいろ探していますがなかなか見つからず・・・苦戦しています。変わらずお菓子の勉強もしていますが(試験は来年の6月です)

教材なども見つからず、通信教育しか方法はないのでしょうか?
半年振りにきて質問で申し訳ないです。



もも仔 2007.07.31 Tue 10:50
はじめまして!
私は、高校受験を来年に控えた中3の受験生です。
今、高校に着いて悩んでいるのですが・・・。
将来は、「食」に関する仕事に就きたいので、調理師の資格の取れる高校に行こうと思っていますが、「食」に関する職業でやりたいことが決まってません・・・・;
そこで、フードコーディネーターについて調べていたところぴーこさんのサイトへとたどりつきました。
フードコーディネーターについて、是非詳しく教えていただきたいのですが・・・教えていただけますでしょうか?
2007.07.31 Tue 14:46
コブタさんへ。

お久しぶりです♪
入院なさってたのですかっ??
もとのお仕事に戻られているようで、
なによりです^^

お返事がかなり遅くなりました。

フードコーディネーター受験されるんですね〜。
お仲間が増えて嬉しいです^^
3級からの受験になるので、教本が必要になります。

まずはこの本↓が必要になってきます。
http://item.rakuten.co.jp/book/1756400/

大きな書店に行くと置いてあるかもしれません。
無い場合は楽天ブックスやアマゾンさんでも買えます。

学校などに通う方法もありますが、
3級でしたら独学でじゅうぶんいけますよ。
不安でしたら試験前になると協会側で
3級セミナーなど開催されるので利用してみてはどうでしょう?
学校に通うより安くすみます。

3級の教本+新聞などで食問題やトレンドなど
最近の話題もチェックしておくのが
いいかもしれません。

↑を徹底的にやることで合格できると思いますよ。
また不明な点があったら言ってください。
わかることであればお答えできますので^^

頑張ってくださいね!!
ぴーこ 2007.07.31 Tue 15:25
もも仔さんへ。

はじめまして☆

「食」に興味をお持ちなんですね^^
フードコーディネーターって実は
いろいろなお仕事がたくさんあるんですよ〜。

テレビのお料理番組をお手伝いしたり、
雑誌や料理本のお手伝いと言うお仕事があったり、
自分で飲食店をひらいたり、
カフェや飲食店、コンビニなどへのメニュー提案、
飲食店のプロデュースや企画提案などいろいろあります。
(私は一番最後の部分に携わってました)

食に関わる全てのことと言ってもいいかもしれませんね。
食の演出家と言う人もいます。


私も以前は調理師の免許を持っていればな〜
って考えたことがありますし、
実際フードコーディネーターの勉強をしながら
調理師の勉強をしている方もいるくらいなんですよ。

調理師や栄養士さんなどの免許を持っている方は、
フードコーディネーター3級の2科目が免除になるんです。
なので、調理師の免許取得→3級取得を目指す方もいます。
(少しでも受験科目が減った方がいいですもんね〜)

それに、調理師の免許を持っていると強いなって思います。
知識はもちろんのこと、実技も身につけられるし
可能性がいろいろと広がっていくような気もします。


ちなみに、フードコーディネーターの中には
栄養士さんも多いんですよ〜。

調理師さん、栄養士さんの資格を取得してから
フードコーディネーターと言う道が多いようです。

これは私の考えなのですが、
やりたいことが具体的に決まって無くても
いいんじゃないのかな〜って思います。

具体的に決まってなくても、
「食」に関わる道へ進もうとしていること
だけでもスゴイ!って思います。

それだけでも大きな目標だとぴーこは思います。

実際、食のお勉強をはじめたら料理を作る側の
仕事がしたいって思うかもしれないし、
雑誌のお仕事がしてみたい、いろいろな希望が出てくるはずですよ。

もも仔さんが最終的に「これ」って思う目標を見つけるために、
調理師の学校と言うステップにすすむのは素敵だな〜と思います。

頑張ってくださいね^^

またわからないことがあったら、
遠慮なく質問してくださいね。
わかることだったらお答えできますので♪



ぴーこ 2007.07.31 Tue 15:31
再びコブタさんへ。

上のコブタさんへのレス、
私の名前を入れ忘れました。
紛らわしくてすみません。

あと、もも仔さんへのレスの途中で
思い出したのですが、
コブタさん、製菓衛生師の資格をお持ちですか?
それとも来年受験されるのかな〜?

製菓衛生師の資格を持っていると、
フードコーディネーター3級の2科目が免除となります。

一応、気になったのでお知らせしました。
製菓衛生師取得→フードコーディネーター3級の方が
ちょっとはラクチンになりますよ^^

日本フードコーディネーター協会の
サイトに詳しくのっています。
コブタ 2007.08.03 Fri 22:35
コメントありがとうございます!とってもうれしいです。

来年受験します!
製菓衛生師。来年の5月で2年の証明書が手に入ります。
でも、フードコーディネーター3級に気持ちが・・・。
栄養士。。。でも、学校でないとだめですよね。
何で私は主婦なんだろ・・・って思ってしまいました。

家でお菓子の教室を開きたいなと考えてまして、だから資格がとってもほしい!関係なくても食を理解したいと思い、伝えられる教室にしたいと考えています。
人は病気で入院しているといろいろ考えてしまうものですね。

見た目も大事ですけど、体に優しいお菓子が一番です。
2007.08.06 Mon 22:57
コブタさんへ。

製菓衛生師をお持ちだったんですね〜♪
フードコーディネーター3級を受験するときは、
ちょっと楽になりますね^^

主婦の方でも立派なフードコーディネーターの方もいますし、
主婦の目線で料理や家庭のことを考える目が
かなり期待されているようですよ。
主婦だったり独身だったり、
そんなの関係ありません。 大丈夫ですよ!

私も主婦になっていろいろ知らなかったことや、
主婦の目線でいろいろ考えられるようになり勉強になってます。

独身だったらわからなかったこと、
たくさんありますから。
前向きに捉えてくださいね〜。

>見た目も大事ですけど、体に優しいお菓子が一番です。

私もそんなお菓子が食べてみたいです。
コブタさんのお菓子教室、ぜひ通ってみたいなぁ〜♪

ぴーこ 2007.08.06 Mon 23:05
コブタさんへ。

↑のレス、名前を言われ忘れましたが
ぴーこからのレスです。
mikan 2007.08.07 Tue 16:59
こんにちは^^
コブタさんのコメントを読んで・・
私も主婦で、ん?、正確には×イチ。三人も子供を育てながら、
フードコーディネーターの学校も通い、試験を受けたり、色んな事に挑戦してます。
何度も何度も、今更こんな事して何かの結果はでるんだろうか・・生活がかかってるんだから、普通に稼げる仕事をしたほうがいいんじゃないかって、自問自答しています。
でもやっぱり、自分の夢というか、自分の好きな事をしたくて、頑張ってます。
食に関係する仕事って、形を変えながら、何歳になってもできると思うんですよね。
そのためには、いつも努力してないとダメですけど^^;
主婦&ママたち、自分の時間がなかなか取れないですけど、頑張りましょうね!!!仲間はいっぱいいます!

追伸 私が好きな事をできるのは、子供達の多大な理解と協力があるからなのです。ありがとう〜〜
コブタ 2007.08.08 Wed 23:26
うれしい言葉に感激しています。

頑張ろうって気持ちが高ぶります!
形が変わっても共通していますよね。

私の場合、子供はいませんが今ほしいと思っている自分と夢に時間をと考えてる自分と戦ってます。

mikanさんと似てます。
生活がかかっているのに、試験を受けてみたい挑戦しいきたいって自分を通していいのかどうか。

入院して、子供がほしいと思いその子供たちのために、体にいい食を勉強したいって気持ちが大きくなり、形を変えて食のお仕事を。
私の気持ちは、なんてわがままになっていくのだろうかと・・・

みなさんも頑張っているんだから、私もその気持ちを頂いて前に進んで行こうと思いました。

ありがとうございます!
ぴーこ 2007.08.09 Thu 00:01
mikan&コブタさんへ。

勉強はいくつになってもできる、
そんな言葉を改めて思い出させてもらいました。

私も以前の仕事でお給料がかなり減った時があったんです。
給料が減ってやっていけないってやめて行く人もいたのですが、

「お金の為に仕事なんてしてたらつまらない。
やりがいのある好きな仕事をしているんだから、頑張ろう」

そう思いながらあの時期を乗り越えたことがあります。
葛藤するときもあったけど、やっぱりやめられませんでした。

だからmikanさんの気持ち、すごくわかります。
理解してくださるお子さん達の助けがあってこそですね^^
きっと、お仕事で頑張ってるmikanさんの姿、
キラキラ輝いてるのをお子さん達はわかっているんでしょうね。


コブタさんの、

>入院して、子供がほしいと思いその子供たちのために、
体にいい食を勉強したいって気持ちが大きくなり、
形を変えて食のお仕事を。
私の気持ちは、なんてわがままになっていくのだろうかと・・・

その気持ち、全然わがままじゃないですよ〜。
どんなに形が変わっても食の勉強にはかわりないし、
どんどんと勉強意欲が湧き出ている証拠。
前向きな姿があってこそですよ♪

生活も大切だけど、やりたいことをガマンしてまで
好きなことを抑えるより、
好きなことをしながら頑張る生活のほうが
とっても充実しているような気がします。

私もお二人の話を聞いて、
みなさんのお役にたてるよう、そして自分の為に
いろいろ情報集めに頑張ろう、そう改めて思いました。

みなさん、ありがとうございます☆






コメントする











Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other