フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 葉ねぎの香り | top | 包丁を研ごう >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

飲食店の合併

ここ最近、合併やM&Aという言葉を良く耳にします。
なんの番組だったか忘れてしまいましたが、
今年は特にM&Aが増える年になるかもしれない、
そう言っていたのを思い出します。

実は数日前、ぴーこが関わったことのある会社が、
とある会社と合併したという知らせを知人からメールで教えてもらいました。

知人は長年その会社で働いてきたので、
自分の居場所と思い出がなくなることを悲しがっていました。

いろいろな方と出会い、成長してきたお店にいた知人。
合併して会社名も変わり、経営組織も変わるわけですから
大きな不安があります。
そして、会社を辞める決断をしたというメール内容でした。

合併にはいろいろなメリットがあります。
ある地域に強い飲食店を買収することで、
その地域への出店強化、顧客確保にもつながります。
または、食肉系に強い企業を買収すれば
メニューの幅も広がりますし、ノウハウも手に入れることが出来ます。

また、体力が落ちてきた会社にとっては、
存続と言う危機から免れることができます。

飲食店の総合コンサルタントで有名なコロンブスのたまごのサイトでも、
こういったページを見かけるくらいですから、今は相当増えているのでしょう。

でも、さみしがるのは従業員や社員だけではありません。

そのお店の雰囲気や味が好きで通ってくれたお客様から、

「○○が好きだったんだけど、雰囲気がかわちゃった」
「あのメニューが好きで良く通ったんだけど、もうないんだね」

と言ったさみしいお声を聞くこともあります。

合併で企業の体力が戻るのはいいことですが、
お客様の声は無視せずにきちんと耳を傾けていて欲しいと願ってしまいます。

知人の会社の話に戻りますが、
営業本部長にはぴーこも大変お世話になりました。

会社が好きで、会社のためにお店のために走り回っていた本部長。
移動だけでも大変なのに、今日はこっちのお店、
その後はあっちのお店と走り周り、ときには雑用、洗い場をこなす、
そんな本部長でした。

(もっと営業本部長らしい仕事をして欲しかったと思うのですが・・・)

やはり結果が全てです。出せなければクビです。
会社やお店を愛し、汗を流していた姿が思い出されます。
そう考えると、ぴーこもちょっとさみしくなったりする今日この頃です。




メインサイト  節約*キッチンもヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

外食・飲食店のお話 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other