フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 郷土食材 | top | ランチの時間 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

フードアナリスト その2

フードコーディネーターを目指す方の参考にもなると思うので、
先日受講してきたフードアナリストのお話をしたいと思います。


ぴーこが受講した4級の速習講座には、約60名ほどの方がいらっしゃいました。
この講座、結構人気があるそうであっという間に満席になったそうです。

(独学しようか悩んだぴーこ。早くしないと満席になっちゃいますよと言われました)

予想通りですが、約80〜90%が女性。
フードコーディネーターの方も10人ほどいらっしゃいました。
驚いたのは食に携わっている方が多いのかと思っていたのですが、
予想に反して少なくほんの数名程度の方しかいませんでした。

多分、大半は「食べ歩きが好きな方」と「ライター」の方ではないでしょうか?
意外と思われるでしょうが、アナリストにはライターの方が多いそうです。

そして、講師の方ももちろんジャーナリスト関係の方で、
アナリストには「食べるのが好き」という理由でなったそうです。

さて、肝心の4級内容ですが、フードコーディネーター3級をもっと
カンタンにしたような内容ですが、3級でカバーしていない部分もありました。
もちろん、3級を勉強なさった方にはカンタンな内容だと思います。

が、飲食店の評価をするわけですし、その評価を読み手に伝えなくてはいけない。
表現力と文章力が求められるようです。
そして、失礼のないよう、ある程度の食知識は必要になってきます。
この部分はフードコーディネーターと同じですよね。

先生は、
 
・環境と食がつながっていること(フードマイレージなど)
・食育のこと
・食文化のこと
・食の安全性
(とくに添加物は、勉強されることを薦めていました)

などフードアナリストとは言え、知らないではすまされない食事情の
勉強についてお話されていたとき、ぴーこがメインサイトで取り上げている
内容は間違っていなかったと嬉しさがこみ上げてきました。


そして、先生が終始おっしゃっていたのは、
「とにかく得意分野を作ってください」
「情報収集と食の勉強は欠かせません」
でした。

この部分は、フードコーディネーターを目指す方にも通じる箇所だと思います。


そして、いちばんぴーこが勉強になったのは評価の仕方と、
レポートの書き上げ方。

評価と言っても良し悪しではなく、読み手に通じるように書き上げないといけません。
だって、評価そのものがお店に影響を及ぼすわけですし、
「美味しい」のひと言で片付けられないステキな箇所を感じなくてはいけない、
そして主観的に表現する。
その重要さを学びました。


実はぴーこがフードコーディネーターの先生から学んだなかに、
「食を文章でも表現できる、文章力と表現力を学ぶのも必要」
と教えていただきました。

実際に先生はコラムも書いていて、読み手のぴーこには
食をいろいろな視点でかきあげ、そして食の大切さや食欲を引き出す
先生の文章には圧倒されたことがあります。

そんなことがあるので、他のブログと違ってこのブログだけは
多少、文章や表現方法を変えているのです。


(気づいてくれた方が過去ふたりいました。お二人とも食に関わる方でしたので、
その時はやっていて良かった〜と報われた気分でした^^)

長くなってしまいましたが、とにかくフードに携わる方には
日々勉強が必要だってことなんですよね。




今年もメインサイト  節約*キッチンをヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

フードアナリストの話 | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
トン 2007.02.05 Mon 16:25
「日々勉強が必要」「情報収集」
全ての仕事に言えることですね。

先日、飲み友達のキャビンアテンダント(CA)3人と食事に
行ったのですが、(CA)の情報量には驚かされます。
特に飲食店に関してはアナリストなみ、一人ミシュランです(笑)
(3人ともソムリエでもあります)
世界で一番ソムリエの多い国は、フランスやイタリアでもない
なんと、日本なんですよ。(CAが多いのです)
数年前(CAソムリエ廃止論が出たのも事実です)

ワインバカ5人の飲み会は少し危険な香りとオバカな香り
しかし、とても勉強になった一日でもありました。

大切なこと書くの忘れてた・・家内も同席していたんだな〜これが(涙)






大切なことを書くの忘れてた・・・家内も同席していましたよ(汗)^^
ぴーこ 2007.02.06 Tue 11:08
トンさんへ。

キャビンアテンダントの方とワイン・・・、
なんだか華やかですね♪♪
アナリストの方でもCA出身の方が多いそうです。
納得できますよね〜。

ワイン文化が根付いていない日本に
ソムリエが多いのも不思議です。

先日読んだニッポンの食卓の新・常識に
「日本人は白ワインを好む傾向だから、
もっと白ワインを販促するといいのではないか」
と書かれてありました。

和食と白ワイン、
イメージしただけでおなかが減ってきました^^
ken 2007.02.11 Sun 04:11
ぴーこさんへ
食を言葉や文章で正しく伝える
ことはとても大切ですね。

僕はどちらもヘタなので、こんなに
面白いブログを書けるぴーこさん
はすごいと思います。
大大大尊敬しています。

今年はトークの訓練をしようと思い、
久しぶりに料理教室の企画を計画中です。
ぴーこ 2007.02.12 Mon 10:21
Kenさんへ。

kenさんはトークやレクチャーがお上手そうな
イメージがありますよ♪

ぴーこはトークが苦手です(涙)
仕事でミーティングなんかしたら
かみまくりです。プレゼンもダメです!

レポートなら大丈夫です。
だから、文章は苦手じゃないかもしれません。
あっ、漢字は苦手ですけど(笑)




コメントする











Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other