フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

メジャーリーグとビールの関係

ここ数週間、健康のためと称して(?)アルコール断ちをしていました。
最初は大丈夫だったのですが、だんだんと飲みたい病になってきました。
夫が美味しそうに飲んでると飲みたくって・・・・・・。

そんな時、メジャーリーグのワールドシリーズが開幕しました。
今年はボストン・レッドソックス VS コロラド・ロッキーズというカード。

どちらにも日本人メジャーリーガーがいるので大注目ですが、
私の中では別な意味を持つ今回のワールドシリーズ。

かつてコロラドに住んでいたことがある私。
そう、ロッキーズの本拠地デンバー。
しかも、住み始めたころにロッキーズというチームが出来上がり、
私と一緒にコロラドライフがスタートしたといっても過言ではありません(笑)。

コロラドといえばロッキー山脈。
そのロッキー山脈の水を使用して作られるクアーズというビールも有名です。
(他にも美味しいビールはありますが、世界的にはクアーズが有名です)



そのクアーズの名前がついたクアーズフィールドスタジアムを
ロッキーズはホームとしています。


学生時代はクアーズよりも他のビールを愛飲していましたが、
日本にいると時々無性にクアーズが飲みたくなる瞬間があります。
その瞬間がまさに今回のワールドシリーズ開幕につながってくるのです。

当初は、
「ボストンで2勝、デンバーで2勝。 
デンバーで優勝が決まったら、たらふくクアーズを飲んでお祝いしよう!!」
な〜んてイメージしてましたが、結果は真逆(笑)
やっぱりロッキーズでした(笑)

夫にも、
「肝心なワールドシリーズで今までのロッキーズがでちゃったねぇ」
とも言われる始末。

いいんです!! 
球団初のワールドシリーズ進出と言う夢を見させてもらいましたから。


そもそも「優勝したらクアーズを飲もう」と思いつつ、
近くのスーパーやショップでクアーズを探していたのですが、
やっぱりマイナーなんですかね? 見当たりませんでした。
昔は売っていたような気がしたんですけど・・・・・。

クアーズビールより、同じクアーズから出されている
ZIMAの方が人気あるんでしょうか??
あれはあれで美味しいですけどね。




最近ではピンク色のジーマもあるんですねぇ〜。




ちなみに、ボストンではサミュエルアダムスが有名らしいです。

サミエルアダムス・ボストンラガー


ラベルなど見かけることがあるのでご存知の方も多いと思います。

やっぱりボストン市民はサミュエルアダムスを飲みながら、
野球観戦をし、勝利の美酒を味わっていたのでしょうか?
そう考えるとボストンVSデンバーのビール対決も面白いですね。

ちなみに、ロッキーズはシャンパンファイトよりビールかけをしたそうですが、
そのときはクアーズを使ったんでしょうか? ちょっと疑問です(笑)



メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

ドリンクのお話 | comments(4) | -

リンゴワインのお味

いつも遊びに行くken`s restaurantのkenさんのブログで
ちょっとしたワイン談義が行われていました。
(コメント欄をご覧下さい)

とっても参考になるので、へ〜なんて勉強していたら、
リンゴワインの存在を思い出しました。

以前ここでも紹介したリンゴ三昧で、
リンゴワインを買って来ていただいたお話。

飲んだのはいいけど、紹介するのをすっかり忘れてました・・・・。

リンゴワイン

リンゴのお酒といったらリンゴワインより、シードルを思い浮かべます。
ですが、今回買って来てもらったのはリンゴワイン。

どんな味なのかワクワクしながら飲んでみたのですが、

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

なんて表現したらいいのでしょうか?
とにかくぴーこには甘いんです。
リンゴのほのかな香りがする以外、とにかく甘いという印象。

ワインを開けたのがちょうど食事時。
スパイシーチキンを食べていました。
これが大失敗の始まりだったのかもしれません。

翌日、何も食べてないときに飲んでみました。
それでも甘くて、「う〜〜ん」と考え込んでしまいます。

まずくはないのですが、
やっぱりリンゴはワインよりもシードルがいいかな?
そう思ってしまいました。

しかし、普段ワインを飲まない主人が、
「うまいじゃん」
と言って飲んでおりました。

不思議ですね。

甘いリンゴワインをもっと美味しく飲むために、
リンゴを食べながらリンゴワインを楽しむとどうなのでしょう。
今日辺り、やってみようかな?

やはり、ワインは奥が深いですね。
トンさんにレクチャーして頂かないと!



参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば




ドリンクのお話 | comments(8) | trackbacks(2)

チャイ

暑いせいか、出歩いていたので食生活が乱れているせいか、
なんとなく体が重い感じがします。

冷たいお茶やキーンと冷えたビールを飲んでいるのも
良くないのかもしれません。

「たまには温かいお茶でも飲もう」
そんな時にふと、リンゴチャイが頭をよぎりました。


去年の夏、旅行でトルコを訪れました。

トルコではチャイというお茶が欠かせません。
街中ではチャイ屋が立ち並んでいました。
仕事をしている人はチャイをデリバリーしてもらい、
飲んでいる光景をあちらこちらで見かけました。

ぴーこもトルコでチャイを飲んだのですが、リンゴチャイとても美味しかったので、
粉末状のものを買い保管してあったのを思い出したのです。

トルコで買ったチャイグラスに入れて、早速飲んでみました。
チャイ

リンゴチャイと言っても、普通のアップルティーのようなものです。
トルコではチャイと言っても、実際はお茶・紅茶のようなもの。
少し気になったので、手元の「世界料理・メニュー辞典」でお茶を
調べてみました。

日本=お茶
韓国=チャ
中国(広東語)=チャ
英語=ティー
ドイツ語=テー

国によってスペルは違いますが、
スペイン語、フランス語、イタリア語=テ
ロシア語、トルコ語=チャイ

アジア〜中東〜ロシア辺りまではお茶のことをチャ系の発音をして、
ヨーロッパ〜北米〜南米辺りはお茶のことをテっぽい発音をしてます。
なんとなくですが、お茶のルーツがわかるような感じがしませんか?

世界には国が違っただけで様々な飲みものが存在しますが、
多少の違いはあっても、お茶は世界各地で飲まれている非常に歴史の長い
飲み物なんだと思うと、リンゴチャイも気のせいかもっと美味しく感じました。



参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば




ドリンクのお話 | comments(4) | trackbacks(2)

勝利の美酒?

新聞やニュースでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
先週の日曜日、F1ハンガリーグランプリでホンダが39年ぶりに優勝しました。
久しぶりにチームホンダとして復帰し、表彰台の真ん中を目指し悲願の優勝。
もちろん、この優勝を望んでいた人が他にもいます。
そう、うちのF1オタクの主人です。

以前、シャンパンのお話をした時に、
「ホンダが優勝したらシャンパンをあける」
と言っていた主人。
(詳しくはコチラ

ぴーこの本音は、
「え〜、まだまだ先だろうな〜」
と思っていたのですが、ついにやってのけてしまいました。

シャンパンのことは忘れてるだろうと思っていたのですが、
翌日、あけると大騒ぎして、こんなことになってしまいました。

ホンダ優勝

主人はわざわざホンダレーシングのフラッグとキャップ、
チームシャツなどを引っ張り出してきて、
まだ余韻が残る優勝シーンを何度も何度も見ながら
シャンパンをあけて飲んでおりました。
元ホンダで働いていたこともあり、余程嬉しかったのでしょう。

ちなみに、F1の関係者しか入れないホスピタリティーブースと言う、
食事ができるスペースがあるのをご存知でしたか?

グランプリが行われる3日間、わざわざチームがブースを作り、
セレブやドライバー、チームスタッフが自由に食事が出来るスペースなのですが、
かなりすごいらしいです。

写真でしか見たことないのですが、豪華な建物で、
各国のチームがシェフを連れてきて、素晴らしい食事を提供するそう。
テーブルもきちんとコーディネートされており、とても素敵な空間。
イタリアチームのブースでは美味しいパスタが食べられるとか。

もちろん日本のホンダやトヨタでは、日本食を振舞っているそうで、
お寿司なども用意されているそうです。
あのマイケル・シューマッハーもホンダのホスピタリティーブースに
立ち寄り、お寿司を頂くそうです。

あくまでも食事スペースですが、ホスピタリティブースと名付けられています。
そんな場所にセレブ感が漂っている感じがしませんか?

無理だと思いますが、一度そのブースで食事がしたいものです。



参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば



ドリンクのお話 | comments(6) | trackbacks(0)

王様のシャンパン

世界最高のモータースポーツ、フォーミュラーワングランプリ(F1)。
そのF1の表彰台で行われるシャンパンファイト。

上位3位に入った勇者達によってシャンパンファイトが行われます。
その時に使用されるのが、マム・コルドン・ルージュブリュット
というシャンパン。

以前はドンペリを作っている会社として有名な、
モエ・エ・シャンドン社のシャンパンが使われていましたが、
今はマムのシャンパンになっています。

マムのシャンパンが使われていても、
相変わらず人気のモエ・エ・シャンドンのシャンパン。

F1の表彰台で使われるシャンパン・・・・、
というと、ほとんどの人がこちらのシャンパンを思い出すようです。

戦いに勝ったものだけが出来る、シャンパンファイト。
王者の証です。

そんなシャンパンが我が家にひっそりと置かれています。
もちろんモエ・エ・シャンドン社のシャンパン。

購入者は主人です。

そして、飲むのははまだ許されません。
飲みたいぴーこは、主人に内緒で飲んでしまおうと思ったほど。
だけど、許されないのです。

飲むときは決まっているそう。
主人の大好きな、そして応援しているF1チームの
ホンダが表彰台の真ん中に立ったとき、飲むと言い張っています。

しかもシャンパンはマムのシャンパンではなくて、
モエ・エ・シャンドン社のシャンパン。

主人の大好きだったアイルトン・セナを馳せながら、
ホンダ全盛期に浸りたい様子。

いつの日か飲む機会に恵まれる日を期待しつつ、
大事に保管されているシャンパン。

勝利の女神として大切に、
そして、未だに保管されているのです。
アイルトン・セナとの思い出と一緒に。




シャンパン1


参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば


ドリンクのお話 | comments(2) | trackbacks(0)

最近のビール事情

あつ〜い夏がやってくると、ビールが飲みたくなってきます。
キーンと冷えたビールをゴクゴクと飲み干す瞬間、
『美味しい』と思うと同時に、体が一気にひんやりしてくるような
気もするのです。

そんなビールですが、最近は様々なビールが出てきましたね。

通常のビールに加え、発泡酒、第3のビールに続き、
プレミアムビールなるものが市場をにぎわしています。

このプレミアムビール、製法にこだわって作るため、
通常のビールより1〜2割高めになっていて、
ハレの日やのんびり過ごせする週末に飲む方が増えているそう。

製法を工夫して酒税を抑えて、普段気軽に飲める
第3のビールと全く逆のコンセプト。

様々なメーカーから出ていますが、
先月28日にアサヒから新たなプレミアムビール、
プライムタイムが発売されました。

プレミアムビール好きの主人は発売日前からチェックしており、
飲みたくて仕方なかったそう。

忙しくてなかなか飲む機会がなかったのですが、
先日週末前に飲んでみました。

プレミアムビール

暑かった一日の疲れを癒してくれる瞬間です。

一口飲んだ後、二人の第一声が
「あまい!!」

このビール、甘いんです。
とっても飲みやすく、ビールが苦手な方には
飲みやすいかもしれません。

これから暑い時期を向かえ(ボーナス時期ですし)、
プレミアムビールの人気がもっと出てくるのかもしれませんね。



参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば


ドリンクのお話 | comments(8) | trackbacks(0)

ミネラルウォーター

今頃になって、ミネラルウォーターがマイブームです。
しかも再来。

以前もミネラルウォーターにはまっていたのですが、
いつの頃か「水を飲む」のに疲れてしまい、
飲むのをやめてしまいました。

それ以来、コーヒーやお茶類を常飲していたのですが、
運動後に飲んだ水がとてもおいしく感じられ、
それ以来またお水にはまっています。

オキシジャイザー  そんな時、何気なく発見したこのお水、
  オキシジャイザー
  
  シンプルなボトルに一目ぼれ。  
  
  酸素を多く含むこのミネラルウォーター、
  通常の水道水の30倍とか。
  その酸素を閉じ込めるために、 
  ボトルにビンを選んだそう。


デザインに魅かれただけあって、
デザイン性、機能性が高く評価され、
ヨーロッパ各国で数々の章を受賞しているそうです。

全面部分のみ張られたステッカーの後ろには、
表示成分が書かれており、ボトル越しに読むことが出来ます。
オキシジャイザー2

ボトルで選んだり、
産地で選んだり、
軟水か硬水かどちらかを選んだり、
ミネラルウォーターの選び方は様々。

水に恵まれた日本には、常にミネラルウォーターを
飲むことが根付いていない。
それだけ水が身近だから必要ない。

だからこそ、水に敏感で、
うるさい国民性であってもおかしくない。

何気なく飲んでいるお水。
2025年には全世界で、深刻な水不足に
陥る可能性があるという。

いつまで豊かに飲んでいられるのか。
水の大切さを考えながら、
今年の夏はたくさん飲むつもりです。



余談ですが・・・、
以前から行ってみたかった、
恵比寿のウォーターバーRギャズ
閉店してしまったそうです。

残念ですが、また新たなお店を
発見しようと思います。

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば


ドリンクのお話 | comments(4) | trackbacks(10)

ちょっと贅沢なビール

エビスビールビール通の方が居酒屋や小料理屋に行くと、
どこのビールを使っているか気になるご様子。

特に気にせずビールを楽しむ私でさえ、
このビールを置いてるお店だと判明するや否や、
俄然ワクワクしてくる。

「ちょっとぜいたくなビール」
このフレーズが頭に浮かぶエビスビール。

副原料は一切使わず麦芽100%のビール、
まさにちょっと贅沢なビールなのです。

そんな贅沢なビールはやはり
美味しい肴や料理で味わいたいもの。
生半可な料理は許されない。

のどごしにすっと消える苦味とコク、
だけどほんのり残るフルーティーな味わい。
和だけじゃなくて洋にもあうこのビール。

そんな贅沢なビールを飲ませてくれるお店、
やる気と勇気を感じるのです。

そう、エビスビールを置いてる店は、
料理がうまい。
そして粋がいい。

心から、そして口の中から嬉しくなるのです。



参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ
ドリンクのお話 | comments(0) | trackbacks(0)

Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other