フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ビジネス倫理

昨年から引き続き、出てくる出てくる食品偽装。
今年の漢字一文字も2年連続「偽」になるんじゃないかとおもうほど。

老舗吉兆・女将の失笑記者会見に続き、
飛騨牛偽装の食肉卸小売業・丸明、
そして食肉販売会社の山形屋。
出るわ出るわ、驚く言葉。

食に携わるものとして絶対にやってはいけないこと。
反省するどころか、言い訳まがいのことを言ったり、
挙句の果てには
「食べ物の商売っていうのは、みんな大なり小なり、
やってることが当たり前なんだよね、今ね。
わたしはそう思うんだけどさ(山形屋奥山社長の言葉)

呆れてしまいます。

丸明では真っ黒なカビの生えたまな板を使っていたとも耳にします。
その時点で恐ろしいです。

ひとりの人間として、経営者としてちょっとおかしいですよね?


私事ですが大学生の頃、ビジネスの勉強をしていました。
必須科目としてビジネス倫理を履修しなくてはいけなかったのですが、
友人達と「何故、倫理を勉強しなくちゃいけないの?」と疑問を持ってました。

内容は過去の事例をケーススタディで勉強したのですが、
ようはモラル的なことばかり。
決して面白いクラスじゃありませんでしたが、
今振り返ると吉兆の女将や丸明や山形屋の社長に
ぜひぜひ受けてもらいたいクラスだな〜なんておもってます。

そんなビジネス倫理も履修科目から外された・・・、
そんな話もあったのですが、エンロンワールドコムなどと言った破綻をきっかけに、
またビジネス倫理が復活したという話を耳にしました。

これから社会へ送り出すビジネススクール側として、
これではいかん! そう考えた結果なのでしょう。


私は経営者ではないので、細かいことは分かりませんし言えませんが、
利益をあげるという大切なお仕事と同時に、
社会や人、モノがつながって地域社会に貢献する、
これも大切な役目なのでは?当たり前だけどそう感じてしまうのです。

いっつも考えるのは自分のこと、利益のこと。
スタッフや顧客はすっかり後回し。
これではいけません!!

全く責任感のない彼ら、
やっぱりビジネス倫理から始めてもらわなくちゃダメですね(笑)


メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

その他の話 | comments(16) | -

Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other