フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

かもめ食堂

「地球最後の日、あなただったら何をしますか?」

この問いに即座に答えられたぴーこがいました。
やっぱり美味しいものを食べたい。
あれこれ悩んで、これぞという一品を食べたい。

みなさんだったらどうしますか?


そんな質問を投げかけてくるかもめ食堂をやっと観ることができました。

結果から言いますが、スゴク良かった。

淡々と流れる映画をニコニコしながら観ていたのではないかと思うくらい、
かもめ食堂で流れる時間と空気が心地よく感じていました。

お店の外に立ちながら、お店を眺めているような感じ。
そして機会があったら足を踏み入れたい空間、
入ったら居心地の良さに何度も足を運んでしまいそうなお店。

まさに映画もお店と一緒で、何度も観てしまいそうなほどはまりました。

自分のルーツである食を大切にして、
おにぎりをソウルフードとよぶ主人公のサチエにとても共感。

しかも具はシンプルにおかか、梅干、しゃけ、
まさにみんなが大好きなおにぎりの具。

コレという信念を持ち続けるサチエだからこそ、
人が自然と集まってくるのでしょう。

美味しいものを食べているときの笑顔は幸せを運んでくる、
そう改めて思ってしまった映画。

かもめ食堂にはたくさんのヒントが隠されています。
北欧フィンランドを感じさせる色合い、雰囲気、器使い、
なにより北欧らしいシンプルさが画面を通して伝わってきます。


器もカップもステキで、使い方の参考にもなると思います。
うっとり観ていたら、ぴーこが持っている色違いのプレートを発見。
おにぎりをのせていたので、ぴーこも気軽に使ってみようと思っています。

かもめ食堂はカフェ・スオミという、実在するお店で撮影されたようです。
フィンランドに行く機会のある方、是非行ってみてはどうでしょうか?


かもめ食堂で使われていたアラビア社のプレートは、
4senses interior scope version.R

サチエが使っていたイッタラのマグカップは、
プロキッチン
で見ることができます。


ご興味のある方はどうぞ。
レストランプロデュースを目指す方に、一度は観てもらいたい映画です。
かもめ食堂。レンタルだけでなく買ってしまいました・・・・・・・・・。



かもめ食堂



メインサイト  節約*キッチンもヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

グルメニンキブログ








お気に入りのお話 | comments(4) | -

リンゴ三昧

主人の会社先の方で、実家がリンゴ農園という方がいらっしゃいます。
夏休みに里帰りするというので、その方にお願いしてあったものを
買って来て頂きました。

以前食べてみて、はまってしまった丸ごとリンゴパイ!!

リンゴパイ2

本当に丸ごとのリンゴがパイ生地に包まれているんです。
リンゴのシャキシャキ感と、パイ生地が絶妙なバランスで、
とっても美味しいんです。

これ、絶対に美味しいリンゴじゃなきゃ作れません。


リンゴプリン今回はこの丸ごとリンゴパイ以外でも、
こんな面白いものを頂きました。


リンゴプリン!!
食べたことがなかったので、どんな味なのかとっても興味津々。


リンゴプリン2

中はいたって普通のプリンですが、食べてみると不思議な味。

見る限り、リンゴゼリーです。
なんとなく、リンゴゼリーのような味が頭をよぎっていきました。

だけど、実際食べてみると全く違う味。

リンゴのコクがあってまろやかなプリン。
しっかりリンゴの味がして、トロンとしていて美味しいんです。
食べたことがなかったから不思議に感じたけど、
なかなかいけるリンゴプリン。

見つけたときには、是非召し上がってみてください。

追伸
これ以外で、リンゴワインも買って来て頂きました。
まだ飲んでいないのですが、今週末辺りにでも飲んでみようかと思ってます。
リンゴワイン・・・・、どんな味だろう?



参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば


お気に入りのお話 | comments(8) | trackbacks(1)

豆腐を味わう

豆腐屋ジョニー今更ここで紹介なんてしなくても、知らない人はいないんじゃないかっていうくらメジャーな豆腐としてお馴染みです。

豆腐市場に新鮮な風を送り込み、今までの豆腐のイメージを覆してしまった勢いのあるお豆腐店の豆腐。


豆腐?と違和感を感じるネーミングと、本当に豆腐屋なの?って疑いたくなるサイト。
どれをとっても従来の豆腐とはかけ離れてる。

所詮ブームは消えるもの、そう思いながら食べてみると美味しいじゃありませんか。
『豆腐屋をなめちゃいけないよ』ってジョニーに怒られそうだ。

豆腐を食べるというより、豆腐を味わうと言ったところ。
イキのいいジョニーには、醤油や薬味は一切不要。
このままのジョニーを食するのがイチバン美味しい。

今までの豆腐とは一味違うこの豆腐。
味わう側も一工夫が必要かもしれない。

よし!
ジョニーがそうくるなら、こっちはこうしよう。

ちょっと涼みを味わいたい暑い日の午後3時頃、
ツルンとデザートがわりにこのジョニーを頂くつもり。

もちろん誤魔化しなんていらない。
このままで頂き、ジョニーを味わうのです。



お気に入りのお話 | comments(0) | trackbacks(0)

ゲラントの塩

ちょっと前に塩がブームになったことがありますよね。
ぴーこもいろいろな塩に手を出しましたが、今はこの塩が大のお気に入り。

このゲラントの塩はフランス・ブルターニュ南部で作られています。
機械をほとんど使わず伝統的な手法で、塩職人の手によって生産される塩で有名。

自然環境を最大に活かし体にも優しいと言われるゲラントの塩は、
ヨーロッパの安全基準にしっかりと守られているそう。
EUの有機農業推進団体の厳しいレベルのもと、管理されているそうです。

お値段も普通の塩より値がはりますが、ゲラントの塩でサラダを食べたところ
もう病みつきになってしまい、手放せなくなりました。

ドレッシングなんていりません。
不思議と野菜の甘みを出してくれるのでさっぱりと頂けます。
うちはこの塩で揚げ物も食べちゃいます。

煮物にも使えるそうなのですが、こんな美味しい塩を煮込んじゃうなんて
もったいなくて今のところ出来ません(笑)

たかが塩。されど塩。
だけど、あなどれないのが塩加減。
料理を美味しくするのはその微妙な塩加減なんです。

ゲラントの塩
お気に入りのお話 | comments(0) | trackbacks(0)

Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other