フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

元気の源

ここ数週間、外食ばかりしてました。

特にコレといった理由はないのですが、
ちょっと体調を崩してしまい気持ちが滅入っておりました。

気分転換って個々によって違うけど、私の場合はやっぱり食事(笑)
美味しいモノや素敵な空間にめぐり合えた瞬間、
とっても幸せな気持ちになれちゃう。


前から気になっていたカフェに行って、
店内の雰囲気と可愛らしい器やお皿を見ては
「ひゃあ〜、私好み」と唸りつつケーキをほおばる私(笑)

たまにはオリオンビールで沖縄料理を食べたいな〜、
なんて考えたら行かずにはいられない。
以前からチェックしていたお店に行って素敵なサービスに出会えた瞬間、
ついついビールのお替りがすすんだ私(笑)

雨の日にはちっちゃいけど美味しいお料理を出してくれるシェフのお店へ。
とにかく野菜が美味しくて、考えただけでもお腹がグルル。
最近はまってる雑穀米がおかれてるのも私の心をきゅっとわしづかみ。
雨だからこそいつもと違う空間。 お店の別の顔が見れました。


最近、値上げだ〜、偽装だ〜、
いろいろと外食産業を襲う悲しい出来事。
節約にまわって外食は避けるといったお話もチラホラ。

おうちごはんも大好きだけど、たまに味わう外でのごはんも良いもんです。

たしかレストランってラテン語の回復する、
良い状態にするっていう意味があるんですよね。
そういえば英語でもrestore(回復)ってあるし。

*そうそう、FC3級の教本に確かレストランの語源について
載ってましたよね〜?

滅入っていた気持ちがパーッと飛び散ったのも、
まさに元気を回復する場所へ出向いたおかげ(笑)

たまにはどうでしょう? 
外でのごはんでリフレッシュしてみませんか?



メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば


外食・飲食店のお話 | comments(3) | -

お気に入りのお店

なんだかバタバタしており、更新が滞ってました(涙)
どうも時間の使い方がヘタな私。
時間を見つけては更新しよう!そう思っています。
(ガンバリマス)

今年に入ってひとつショックな出来事がありました。
ショックと言うか、衝撃的だったというか・・・・。
他愛もないことなのですが、お気に入りのお店がひとつ、
消えてしまいました(涙)

家からも近く、使い勝手のいいお店。 よく夫と行ったお店です。

飲む、食べるを両方楽しめるお店。
決してキレイとは言いがたいお店ですが(笑)、美味しく楽しく過ごせる場所でした。

グルメ情報誌などでも紹介されることもあり、
繁盛店がなくなったということで一部で「どうして?」と
騒いでいる方達もいるようです。

確かに繁盛店がなくなると不思議ですよね。
しかも、オーナーさんが張り紙をしたらしいのですが、
先月のひどい突風で飛ばされてしまったようです。

真相は藪の中?といいたいところですが
同じ飲食店経営がらみの知人から聞いた話では、
立ち退き命令が出てしまい営業が出来なくなったそうです。

土地のオーナーさんがとある業種に土地を売却したらしいのですが、
新しいオーナーさんはその店舗の存在を認めず、
立ち退きを言い渡し、挙句の果てにどんなお店がオープンするか
口外しないようそのお店のオーナーさんに言い渡したそうです。

その業種も飽和状態の業種ですし、情報モレが命取りなのでしょうか?
その業界には詳しくないので興味もありませんが、
地元住民に愛されているお店を潰してしまったのですから
新しく出来るお店も住民から愛されないんだろうなぁなんて思ってしまいました。

私が大好きだったお店のオーナーさん、
一生懸命近隣エリアで土地を探していたそうです。

いろいろ探してみたそうですが、大通りに面した土地にこだわりがあったようです。
理由はカンタン。

大通りを使って来てくださる常連客がたくさんいたんだそう。
お店を育ててくれたのはそのお客様たちだから
そのお客様が来やすいよう大通りにこだわると言っていたそうです。

決してフレンドリーなオーナーじゃありません(笑)
どちらかと言うとちょっと怖そうな方。
でも、そんな考えをしっかり持っていたからこそ、
愛されるお店だったのかなぁと思ってしまうのです。

ちょっとさみしいけど、またどこかで新しいお店がオープンできるよう
願っているわたしでした。



メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば









外食・飲食店のお話 | comments(0) | -

ノミニケーション

ホール責任者とキッチン責任者のコミュニケーションが上手くいってない、
そんなお店にいたことがあります。

仕事に関する連絡事項などはしっかりと話すのですが(当然ですが)、
それ以外では微妙な雰囲気。

一度、予約に関することで意見が対立し、影でこそこそと愚痴る始末。 
聞いていてちょっと嫌になりました。
いい大人がしっかりと言い合えず、影で愚痴っている姿はみっともないったらありません。
と言っても、キッチン責任者がまだ大人になりきれていなかったので仕方ありませんが、
両者にある溝はお店にも悪影響を出してきます。

案の定、いやな雰囲気がお店にも蔓延し、
いや〜な雰囲気の中で両者を気にしながら仕事をするのが大変でした。

人間ですからキライなタイプ、苦手なタイプ、またはウマがあう
などなどいろいろだとは思います。

お店の責任者としてお店を良くしていくことを考えるべきなのに、
逆のことをしていてはいけませんよね。


先日、会社の親睦会が行なわれました。
9月から仕事をはじめたばかりなので聞きたいことも山ほど。
提案したいこともいっぱいあります。

が、まだまだ新参者の私。 相手にされません(笑)
と言うか、まだ仕事の流れを把握してないので分かるわけもありませんが、
やっぱりいろいろと聞きたい。
そんな時は食事会(または飲み会)がうってつけなんですよね。

仕事が終って解放されたいのに、仕事の流れで飲み会だなんていやだ!!
そう思われる方も多いと思います。

私だって気の進まない時もありますが、必要な時は必要だと私は思ってます。
特に以前の職場では反省会、目標達成会と称しては
しょっちゅうノミニケーションをしてましたから(笑)

その時に上司から様々なことを教わり、
またはお酒の手助けもあり(笑)思い切って提案してみたり、
ときには上司から褒められたりアドバイスをもらったり、
私や同僚の成長の場でもありましたし、お店をよくしようと言う鉄則の場でもありました。


今回の親睦会では聞きたいこと全部が聞けたわけではありませんが、
私にはとっても良いノミニケーションだったと思っています。
おかげで終電間際のホームを猛ダッシュする羽目になりましたが(笑)

お店をよくしよう! もっとよくしよう! 
同じ仲間なのですから、良い状態や雰囲気でお客様を迎える
努力もしないといけませんよね。

忘年会や新年会の時期でもありますし、
たまにはノミニケーション、してみてはいかがでしょうか?




メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば


外食・飲食店のお話 | comments(0) | -

接客は作業じゃない

JUGEMテーマ:グルメ


今月初め、とあるお店へ行きました。

私の誕生日と言うこともあり、事前に夫が予約しておいてくれたお店。
当日までどこに行くのか聞かされず、お店の前まで連れて行かれるというサプライズ付き(笑)
いつだったか「あのお店に行って食べてみたいんだよね」
ともらした一言をしっかりと覚えていたようです。

私たちが行ったお店は某タレントのお店。
タレントのお店って聞くとみなさんどんなイメージが沸きますか?

「その方のイメージもあるからヘタなものを出せないし、
店内はもちろんのことセンスを感じさせるいいお店が多い」
という評判も耳に入ってきます。

確かに「美食家」と言われるタレントさんのお店だったら期待しちゃいますよね〜。


夫が誕生日だと言うことを予約時に告げてあったせいか、
しばらくするとシャンパンのサービスが提供されました。
しかも、無言で(笑)

当然知らなかった私は、「なに?」状態。
夫も苦笑いをしながら、
「シャンパンのサービスらしいんだけど、ひとこと欲しかったよね」
と言う始末。

「お誕生日おめでとうございます」の言葉が欲しかったとは言いません。
「お店からの気持ちです」なりのひとことを言って提供して欲しかった。
いきなり無言ですからこっちも驚きます。

お料理はコース料理を頂きました。
しかも、スタッフによっては無言で提供。
お料理の名前すらわからないときも。

親切なお店だったら、
「こちらは○○になります。○○産の○○を使い・・・・」
と言った料理の説明も付け加えてくれるお店もありますが、そのお店は何の説明もなし。
なんだかさみしくて、せっかくのお料理もちょっと味気なく感じます。

メインをスタッフの方が取り分けてくれたのですが、
せっかくですしスタッフの方とお料理についておしゃべりをしてみよう、
そう思って声をかけてみたのですがたったひとことで終ってしまいました。
話が続かないのもさみしいものです。
どうせならそのメインのお話でもして欲しかった。

お料理は文句無く美味しく、目と鼻と舌すべてを使って楽しませてもらいました。
ですが、なんだかちょっと物足りない。
そう、接客が物足りないんですよね〜。

どんな素晴らしい食材を使い美味しく仕上げても、
接客がひどければせっかくのお料理も台無しです。

仮に接客が素晴らしくてもお料理がイマイチだったらダメですよね。
まぁ、接客はイマイチでも味で勝負ってお店もありますが、
私たちが行ったお店のレベルではお料理も接客も良いものであって当然だし、
そう期待しているお客様がほとんどじゃないのかな〜?なんて思ったのです。

お料理は美味しかったので接客が良かったら、
満足してかえれるお店になるんじゃないのかななんて勝手に思ってしまいました。

接客は作業じゃありません。
スタッフだけじゃなく、社員らしき人も作業化してたし
そこが問題だったのかな〜?

タレントさんのお店だからと言って期待は厳禁ですね(笑)



メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

外食・飲食店のお話 | comments(0) | -

フードコートから見るこれからのトレンド

先週、もしもツアーズで回転寿司ツアーの特番を見て、
無性に回転寿司に行きたくなり翌日本当に行ってしまったぴーこです。

本当は行く予定なんて無かったのですが、買い物目当てで行ったショッピングセンター
(以下SC)内に入っていた回転寿司を見たらつい食べたくなってしまいました(笑)

今のSCやモールって凄いことになってますね〜。ほぼアメリカのモールと一緒。
様々なショップから映画館、フードコートなどが入っており、
若い方達から家族連れまで買い物しなくても楽しめる場所になってきました。
しかも駅前と違って大きな駐車場もあるので、気軽に行けるのもいいですね。


実はアメリカに住んでいた頃、モールには良く通ってました。
ニューヨークのような大都市に住んでいるなら問題ありませんが、
田舎に住んでいたので買い物といったらモール。
暇つぶしもモール。 合言葉は「モール行く?」でした(笑)

私にとってはひとつのレジャーだったかもしれません。
買い物も出来る、フードコートも充実している。そこで全てがまかなえる場所。 
ぶら〜っと見てまわったら車でさささっと帰る。 この気軽さがたまりませんでした。
その時の感覚を思い出しました。 

しかもSCやモール内にあるフードエリアもかなり充実してきましたね。
雰囲気の良いイタリアンもあって、その辺のイタリアンよりも入ってみたくなりましたもの。
(と言いつつ、回転寿司に行きました 笑)


以前、不景気だったとき。
派手な飲食をされる方は減ったけど、
レジャー感覚で気軽に食事をしてくださるリピーターが増えたときがありました。
(業態や地域にもよるかもしれません)

遠出や旅行の回数を減らすかわりに、近場で食事をして楽しもう。
そういったお客様が増えました。 しかもファミリー層に多かったように思えます。

今だったら、
「モールでちょっと遊びながらモール内で食事でもしようか?」
と言う流れになりつつあるのかもしれません(もうなってたりして?!)。


最近、ぴーこが生息する県内では様々な郊外型SCやモールが建設されているだけでなく、
駅前再開発で新しくなったモールやデパートなどが立ち並ぶようになってきました。
東京への人口流失をとめようとしている背景があるようです。

こんなのあんなのや・・・・)

オフィスや学校が都内。 週末の買い物やデートも都内。
これでは県内の消費が落ち込むのも当然です。
実際、学生だった頃はぴーこだってほとんど都内へ出かけてましたし、
買い物だってほとんど都内。 だって、お店が無かった時代ですから(笑)

これから買い物の利便性もあがり、SCやモールのあり方が変わってくると
県民のライフスタイルも変化してくるのでしょう。
と同時に、食事情も郊外にシフトしてくるのかもしれません。

「これからは郊外がアツイ」
と言う言葉を聞く機会が増えたのですが、
「原油高騰で車利用を控える方がいる」
と言う方もいて、どっちがどうなのかわかりませんが、
郊外に注目はかわらないかもしれませんね。




メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

外食・飲食店のお話 | comments(2) | -

外食産業への投資

先日、8月2日付けの日本経済新聞にちょっと驚くような記事が出ていました。

ご覧になった方も多いと思いますが、モルガンスタンレー証券が
外食産業を対象にした企業買収投資に乗り出すそうで、
第一弾として西洋フード・コンパスグループ内の西洋レストランシステムズを買収するそうです。


合併やM&Aが増えてきた・・・そんな話はここでもしましたが、
投資の対象として魅力ある産業として捉えられていたのがちょっと
意外でもあり驚きでもあり、外食産業にも投資の波が押し寄せてきたのか〜
と、朝から驚きました。

詳しい内容はコチラをご覧下さい。

投資の主な理由としては、少子化で縮小が続く外食企業では業界再編が進むと判断
今後も外食企業への投資事例を積み上げる考え、そう書かれてありました。

こういった投資にはちょっと疎い私ですが、
再編が進むと判断されているというところから、
今後魅力ある産業として考えられているのは確かなこと。

低迷していると言われている外食産業ですが、
今後、市場をにぎわすような再編が行なわれると良いな、
そう思った朝でもあり、時代の変化を感じた朝でもありました。



メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば


外食・飲食店のお話 | comments(0) | -

地元密着と自負してるお店

先週、夫ともに自転車で地元のお店開拓へ出かけました。

ずっと住んでいる場所でも、ちょっと路地裏に入ると知らないお店が出来ています。
しかも、駅前の商店街エリアなんて普段じゃ行かないし、
たまには地元の赤提灯のお店に行きたいと夫が言うので行ってきました。

やっぱり自転車じゃないといけない。
ってことで、初日は開拓。 別の日にお店へ出向きました。

見つけたのは赤提灯のやきとり居酒屋。
お店の入り口が開け放たれており、なかの様子が丸見え。
物凄い混雑に驚きました。 地元にこんな盛況なお店があったのって。

店舗はかなり古いお店で、ビルの1階にありました。
お世辞にもキレイとは言いがたいカウンター。
荷物を置く場所がペットリしてました(笑)

夫と共に店内に入ると、カウンターの席をあけてくれたお客さん。
みなさんどうやら知り合いの様子。常連客なんでしょうね。

想像していた以上に焼き鳥もおつまみも美味しく、
なにより店内の雰囲気を見ているだけでも楽しめます。
とにかく活気のあるお店。 ついつい飲みがすすんでしまいそうです。

何気なく声をかけてきたマスター。
30年以上もお店をやっていると言ってましたが、
地元民のわたし、全くそのお店の存在に気づきませんでした。

とにかく地元の常連さんに愛されているお店。
そんな雰囲気が伝わってきました。
実際、地元だけあって、知り合いの方を何人も見るほどでしたから(笑)


「うち、地元に密着したお店作りを目指してるんです」

そう言うオーナーさんが多いですよね。 とってもいいことだと思います。

お店をやっている以上、地元に根付いて店舗運営するわけですから
密着していかないといけません。

時にはお付き合いも必要です。

以前、私がいたお店は小学生の緊急避難所でした。
と言っても、実際に使われたことはないのですが、
登下校のとき何かあったらこのお店へ非難しなさい、
そう指定されていたお店だったのです。

ただそれだけだったけど、小学生から「ありがとう」
というお手紙と絵をもらったときは嬉しくなりました。

「今度、おじいちゃんおばあちゃんとたべにいきます」
と書かれてあった手紙は今でも忘れられません。 そんな交流も地元ならでは。

地元のお店には知人のお店もいくつかあります。
やっぱり「地元に愛されるお店作りを目指している」って言っています。


そして今週末、地元で大きな花火大会が開かれます。
これは地元の人たちも、近隣の方たちも楽しみにしている夏の大きなイベント。
私だって楽しみです!

パンフレットに協賛企業やお店がリストアップされていたのですが、
「地元に愛されるお店作りを目指してる」と言ったお店の名前が一切ないのです。

確かに花火大会が行なわれる時間帯は客足も鈍ります。
協賛金を出しても利益があがらないと意味がありませんからね。

朝からチェック(飲食店の協賛)を欠かせなかった私。
地元から愛されているお店、お客様を大切にしているお店は
ほとんど協賛していました。

それに比べてお客をどこかでバカにしているお店。
利益優先のお店(ちょっと客足が鈍っているお店など)は名前がありませんでした。

去年まで協賛していたお店はたくさんあったのですが、
今年はそんなにきついのでしょうか? 
それとも花火大会の日は商売にならないのでしょうか?


どちらにせよ、地元の人たちはパンフレットを見ているものです。
帰宅した夫も、
「あの赤提灯のお店、協賛してるかな〜」
と楽しそうにチェックしてました。

もちろん、協賛してましたよ、そのお店。
夫はますますそのお店を好きになった様子。

地元に愛されるお店を目指すなら、まずは地元密着を目指さないと!
そう知人に教えてあげたくなりました。

花火大会が行なわれる地域のみなさん、
協賛リストをご覧になってはいかがですか??


追記
先日、サイトオープンから1年がたちました。
フードコーディネーターを目指す方や、食育の悩みを抱えている方からメールを頂くこともあり、
私も少しばかり役に立つことがあるんだな〜と嬉しくなったことも(笑)
サイトをオープンしてよかったな〜と思う今日この頃。
ちょっとしたお礼もかねてイベントを企画中です。

ただ今、ほんのちょっと多忙中につき、詳細は来月あたりに告知したいと思います。
これからも節約*キッチンをどうぞヨロシクお願いします♪


参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば
外食・飲食店のお話 | comments(11) | -

業態を考える

いつだったか忘れてしまったのですが、とある雑誌を買いました。



もっと早くここでお知らせしとけば、買えた方もいたかな〜?
なんて思うほどうっかりしてました。 


仕事をしていた頃は、月間食堂を購読していました。
友人が月間飲食店経営を購読していたので、お互い交換し合って読んでました。

各企業の戦略・考え方など雑誌を通じて知ることが出来たので、
良かったとは良かったのかな〜?

あくまでもいいお店かどうかはお客様が決めることであって、
雑誌で各店舗がどう展開していくつもりなのか?
ちょっとでもヒント探しで読むのがベストですよね。

仕事を辞めたら購読もやめました。 なにせ高いので(笑)
そんな私ですが、久しぶりに上記の写真の雑誌を買ってみました。

以前からFRが下降しており、低価格競争も終焉、
そんな記事が新聞にものるほど外食市場は厳しい状態です。

元気なのはFF業態くらいなのでしょうか?
ちょっと気になってしまいこの雑誌を買ってしまいました。


雑誌には外食産業の歴史から外食企業・売り上げ高ランキングをはじめ、
業態別ウォッチングなどもされており、
これからの展開やニーズなどが読み取れるようになっていました。

以前から言われていることなのですが、
業態の命がどんどん短くなり、新しい業態を常に
考えていかなくてはいけない時代に突入してしまいました。

実際、いけいけどんどんのような業態も、
必ずいつか衰退してくる時期があります。
リスク分散と言う意味でも多業態展開する企業が多くみられました。

(業態が盛り上がっているときは良いのですが、そんな時こそ新しいアイディアを考える時期。 
それが出来ない営業部長が多すぎます!! これはちょっと私の不満だったりして 笑)


市場の流れ、顧客層の飽きなどいろいろ考えられますが、
とにかく常に新しいアイディアを出していかなくてはいけない時代。
業態開発だけではなく、様々な戦略も考えていかなくてはいけません。
難しい時代に入ってきたようにも思えます。

そんな時代に面白い企業が出てきたと雑誌では紹介していたのが、
ダイヤモンドダイニングとい会社。

同じ業態はひとつもないというオンリーワンのお店作りしている企業で、
最終目標は100店舗。 アイディアがつきてしまうのではないか?
そう心配してしまうほど、とてもユニークな会社。

残念ながらまだどのお店にも足を運んだことがありません。
でも、一度行ってみたいなと思うのですが、
あんなにもあると迷ってしまうのが悩みどころ。
それが狙いなのかもしれませんね〜。


業態開発って本当に難しいものです。
お店の立地、コンセプト、メニュー開発、ターゲット層、
全てを考慮しなくてはいけません。

しかし、いざ「やってみてください」といわれたら大変です。
これはフードコーディネーター2級の2次試験(レストランプロデュース)でも同じ。

試験の内容は毎年かわっていますが、
根底には業態開発提案が基本となっているように思うので
業態開発の為に必要なこと、すべきこと、
これらをおさえておくと良いのでは? そう思ってしまいます。

と言うか、レストランプロデュースには業態開発が全てと言ってもよいのでは?
(言いすぎかな〜?)

あるべき資料、情報は使わなくては!
真似はダメですが、ダイヤモンドダイニングの業態をチェックして
「私が開発担当者だったらこうつくる。こうしてみる」
そう考えながら勉強してみるのも楽しいかもしれません。

ちなみに、日本フードサービス協会でもおおまかですが、
外食産業データを見ることができます。

今、現在、外食産業はどんな状態なのか?
どういった傾向なのか?
今後はどうなっていくのか?
など参考になるかもしれません。

試験対策としてサイトをチェックしてみてはどうでしょうか?


あなたならどんな業態を作りたいですか? または提案したいですか?


メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば



外食・飲食店のお話 | comments(2) | -

キッチンの暑さ地獄

だんだんと暑くなってきましたね。
特にキッチンで働いている方にはツライ時期ではないでしょうか?

一度、ぴーこもキッチンに入っていたことがあります。
しかも、夏場!! 地獄の時期です。 ピーク時には40度越えは当たり前。

首元にはコックコートの下から汗を吸い取るタオルを巻き、
少しでも不快にならないよういろいろ工夫したのを思い出します。

業態にもよるのですが、夏場のキッチンは本当にツライですよね。
でもね、暑いキッチンでの作業がツライのではなくて、
夏になると必ず陥る人手不足が辛かったりしました。

と言うのも、キッチン希望できたアルバイトやパートスタッフの方たちが
あまりの暑さで辞めてしまうのが辛いんですよ〜。
キッチンの温度が上昇していくとともに辞めていく数も上昇!

「これからのキッチンは暑いですよ〜」
としっかり面接時に忠告するのですが、
実際やってみてあまりの暑さに気持ちもダウンするんでしょうね。

「将来は料理人になりたいんです」
と言ってくる調理専門学校の子でさえ、
「暑くて耐えられません」
と言って辞めていくほど。

おい、暑くてきついだなんて言っててどうする!
って言いたくもなります。

ツライのはココから!
夏休み、お盆休み、お祭り、その他各種イベントなどが多数あり、
繁忙期を迎える時期でもあります。

それを見越して採用したキッチンスタッフさんたちが辞めてしまうとなると、
シフトスケジュールが組めなくなってくるのです。

当時、ホールのシフト管理をしていたぴーこですが、
ホールからキッチンへとスタッフを回していかなくてはいけません。
当然、自分も入らなくてはいけなくなります。

今までやっていた仕事以上にいろいろなことをしなくてはいけないので、
「キッチンが暑い」 「ツライ」だの言ってられなくなってきます。

悪循環は続くのです!
暑いと当然バテてくるスタッフが出てきます。

余計にシフト管理が難しくなってくるんですよね。
夏になるとこのいや〜な記憶がよみがえってくるのです。


ですが、この問題を解決しようと、FRをはじめとする店舗で
「オール電化」が進んでいるようです。

1、電化によってキッチンの室温を下げる
2、エネルギー効率を高めて光熱費を下げる
3、カンタンな清掃
4、IHによる温度管理のマニュアル化

と言った利点があげられるそうですが、逆に不利な点も。

1、導入コストが高い
2、電気給湯器(エコキュート)の設置スペース確保

などがあがってくるそうです。

実際、キッチンでオール電化を体感したことはないのですが、
新居ではオール電化のぴーこ家。
確かに暑い時期でもガスほど暑くないので快適ですし、掃除もカンタン。
いつも清潔さをキープできます。

今では こんなお店もあるみたいです。

あの頃、こんな機器類があったらスタッフが辞めなくてすんだのかな〜?
そんなことを思う今日この頃です。



メインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば


外食・飲食店のお話 | comments(2) | -

目標・夢を持つ

ぴーこのかつての上司は、

「夢や目標を明確に掲げている会社に惹かれるよな〜。
その目標の為に頑張ろう、そう思えるから」

と言っておりました。

当時の会社が掲げていた目標は全く不透明!
社長が言っていることと、部長が言ってることがまるっきり違う。
なにを目指そうとしているのか? どちらの方向へ行こうとしているのか?
現場で働く末端には届いてない状態でした。

そんな時、別の知人があるセミナーに出席をしたそうです。
そこで熱く語る方に心を奪われ(笑)、転職を考えるほどの出会いをしてしまったそう。
(その後、知人はその方の会社の中途採用試験を本当に受けてしまったそうです)

心を奪った相手、それはワタミフードサービスの渡邉美樹社長。
衝撃的な出会いだったらしく、ぴーこにも熱く語っていたのを今でも思い出します。


実は、私、プライベートでとあるボランティアをしています。
そのルートで渡邉社長のことを知る機会があったのですが、
当時は、
「外食企業がNPO法人 スクール・エイド・ジャパンをサポートしてるなんてスゴイ!
日本の外食企業も世界の役にたっているんだ」と驚いたものです。

その後、知人から熱い語りを聞いて、納得しました。
「なるほど、そんなに熱い方なんだ」と。
最近ではコメンテーターとしてテレビにも登場し、
安部内閣によって設置された教育再生会議委員にも就任されています。

そんな渡邉社長、すごいと言われるのは、

夢は実現すべきもの
夢に日付を入れて
今日の行動を変えるところからはじめよう


を実行されている方。
詳しくはコチラ
(ぜひ、一度読んでみてください!)

自分の会社が明確な目標を持っていたら、
いつもよりも力が入って仕事に取り組めたかもしれない。

大きな目標を掲げている社長。
一度はそんな会社で働いてみたかった、そう思ってしまいます(笑)


立派な理念を掲げている会社がたくさんありますが、
明確なビジョン(夢や目標)を掲げている会社は一体どのくらいあるんでしょうか?
しかも包み隠さず。


会社だけではありません。
自分自身でも夢や目標、しいてはゴールを設定してそれに向かって突き進む。 
(↑ 自分に言い聞かせてます 笑)


飲食やフード系に関わっているみなさんの夢ってなんでしょう?

面白いものを発見しました。
社長のサイトブログもあるんですね〜。
ワタミの秘話なども見られるので面白いですよ♪



リニューアルしたメインサイト  節約*キッチンもヨロシクお願いします♪

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば


外食・飲食店のお話 | comments(6) | -

Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other