フードコーディネーターのフードダイアリー

NO FOOD, NO LIFE
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

包丁を研ごう

包丁を研ぐ


新居に引っ越して、はや1ヶ月。
バタバタしていたのを言い訳に、包丁を全く研いでいませんでした。

お恥ずかしいはなしなのですが、
お味噌汁に入れたネギが切れておらず、つながっておりました・・・・。
これはいけない、サボりすぎた。
反省して、昨日やっと包丁を研いだのです。

包丁を研ごうと思っても下準備が必要ですよね。
砥石を水につけておかなくちゃいけないのですが、
引っ越してからというもの、水に漬けて置く事さえしませんでした。
ネギが切れていなくて当然です・・・・・・。


仕事をしていた頃、研ぎ方を教わりました。
それまでは包丁使いもヘタ、指は何回も切るし、
切った食材もガタガタ・・・・・・。
そんな頃もありましたが、なんとか上達するものです。

いつの頃か包丁が切れないことに苛立ちを覚え、
シェフの方にお願いして包丁の研ぎ方を教えてもらいました。

シェフだから上手だろうと思いきや、
「包丁の研ぎ方は何年経っても勉強が必要」
と言っていたのを今でも覚えてます。


「これが正解ってことはありませんからね。包丁のことは包丁を使う本人がわかるんですよ。
どこが切れないか、どこを良く使うか、それによっても研ぎ方は変わる」
とも言っていました。

そして、
「包丁使いも上手になると研ぎ方も上手になる。比例するんですよ」
と。

なるほど。
包丁を研ごうと思っても、なかなか上手く出来ないものなんですね。
実際やってみると、きちんと出来ているのかさえわからない。
でも、見よう見まねでやっていると、研いでいる気分にはなる。

実際、研ぎ終わった包丁で端材を切ってみるとイマイチ。
そしてまた研ぐ、この繰り返し。そして上達するのでしょう。


現在。
まだ上達しておりませんが、研いでいる気分だけは味わっています。
研ぎ終わったあとの包丁は切れ味がいいので、
少しずつ上達してきているのかもしれません。

でも、なによりあの研いでいる時間が好きだったりします。
包丁を砥石にあて、軽く押しながら研いでいるあの瞬間、
ちょっとしたの時間。

仕事で嫌なことがあると、すぐに包丁を研いでいました。
上手くいえないのですが、包丁を研ぐことで嫌な思いをした
心の傷まで綺麗にしたかったのかもしれません。

切れ味バツグンの包丁もいいですが、
包丁を研ぐ作業もなかなかいいものです。

ずっと研いでいなかったぴーこが言うのも変ですが、
みなさんも包丁を研いでみませんか?
研いでいる時間、結構いいものですよ。




メインサイト  節約*キッチンもヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば





ダイニング・キッチンツールの話 | comments(6) | -

ダイニングテーブル

ひとり暮らしをしていたとき、自分のキッチンを持ったときは大人になった気分でした。
嬉しくて小躍りしたことも。

そのとき、どんなものがいいかイチバン悩んだのがダイニングテーブル。
当時学生だったので、勉強机とダイニングをかねたものを購入しました。
中古だったのですが、木目調で飽きのこないシンプルなテーブル。

自分で作った料理をそのテーブルで食べる、そんなイメージを作り上げていました。

ですが、実際は違うんですよね。
忙しさのあまりろくに料理を出来ず、ひどい時はふりかけご飯なんてことも(笑)
ですが、そのダイニングテーブルはイチバン好きな場所で、
帰ってくるとイチバン最初にテーブルに座ったものでした。


そして、今、人生2度目である自分のキッチンがもてるときがきました。
(今まではぴーこ両親と同居していたので、ぴーこ母とキッチンをシェアしておりました)

好きなようにまた自分の居場所を作ることが出来る、
そう考えると今からワクワクしてきます。

いろいろなものをそろえたいと考えているところなのですが、
1度目と同じでダイニングテーブルの選択で悩んでいるのです。


何件もショップをまわり、いろいろなテーブルを見てきました。
キッチンのイメージも出来上がっているのですが、
何故か「これ!」というダイニングテーブルにめぐり合えません。

スタイリッシュでステキなテーブルもありました。
キレイなものもたくさんありました。
その場ではいいなと思いつつも、家に帰ってよく考えると
そのテーブルで食事をしているシーンが浮かばないんです。

朝起きて食べる朝食、
会社から戻って食べる夕食、
やっぱり落ち着いて素の自分で食べる場所でありたいなと思うのです。

ステキなスタイリッシュ感たっぷりのテーブルもいいのですが、
それだと外食の延長な気がしてならないんですよね。

ほっとした場所で食事をする為にも、
ダイニングテーブルを探している日々なのです。




今年もメインサイト  節約*キッチンをヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

グルメニンキブログ
ダイニング・キッチンツールの話 | comments(7) | -

ガスとIH

先日こういったものを頂きました。

フライパン

現在、建て替え中の家がオール電化のため、
IHクッキングヒーター導入時に頂けるキャンペーンでフライパンを頂きました。


ぴーこ的にはガスキッチンとIHでかなり悩みました。

IHを導入した友人から、
「炒め物はやっぱりガスの方が美味しい」
「慣れるまでが大変」

との話を聞いていたのですが、やはり料理には絶妙な火加減が必要です。

メインサイト食育の箇所でもお話しているのですが、
火の扱い方はやはりガスから学びました。

強火、中火、弱火などガスではなくては出来ません。
IHでも調節は出来るのかもしれませんが、
火があるのとないのでは違うんじゃないのかなと思っています。

ですが、長い目を見て家族と話し合い、
ガスキッチンよりもIHを選択することになりました。

(ぴーこ母、何故か火を消し忘れることが多々あるので、
家族一同即決でIHに決まりました・・・・)

ガスキッチンもIHもそれぞれ良い点、悪い点があります。
どちらがいいとは言い切れませんが、
これからの時代の流れではIHなのでしょうか?

先日ガス屋さんが、

「需要も減ってきてるし、数年後には廃業かな?」
とつぶやいていたのがず〜っと残っています。

新しい家が出来るのもとっても楽しみなのですが、
火を扱って調理するのもあとわずか。
そう考えると無性にさみしくなったりします。

火加減でコトコト煮込む料理でも作ろうかと思ってます。



メインサイト  節約*キッチンもヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

グルメニンキブログ



ダイニング・キッチンツールの話 | comments(2) | -

アジとさかなっぺ

先日さかなっぺのお話をしましたが、早速あじで挑戦してみました。

アジならカンタンだろう、な〜んて思っていたらこれが結構むずかしい!
30秒でカンタンにおろせるっていうのが謳い文句なのに、
30秒どころか数分格闘してしまいました。

チカラの入れ具合が難しく、上手く使いこなせません。
唯一うまくできたのは皮を上手にはがせたくらい。
なんとか身ははがせましたが、予想していた以上よりはキレイではありません。
これだったら自分でおろした方がキレイかも(笑)

慣れてないだけで、使いこなせるようになったら便利なのかも。
だけど、包丁でさばくのを練習して上手になるのがイチバンかもしれませんね。

魚が苦手な方、ちっちゃいお子様に魚を触れさせる道具としては
とってもいいかもしれません。

さかなっぺはキャンプグッズにしちゃおうかな?
な〜んて考えているところです。
(でも、懲りずに使ってたりして?!)


話はかわりますが、近所のスーパーで買ったアジが一匹99円でした。
ちょうど特売だったということもあり、アジをたくさん買っている方がいました。

でも、購入している方ってほとんどが年配の方。
若い方は切り身やたたきを買っています。
やっぱり丸ごとの魚は苦手なんでしょうね。

ですが、いくら安いとは99円には思えないのです。

食べ物には値段がつけられて販売されます。
もちろん時期によって、または漁獲や生産量によって値段は変わります。
でも、食べ物には変わりません。

最近は生産量が多くなり値段調整のため、
ピーマン、白菜、大根、キャベツ等の野菜が廃棄処分されているのは
見ていても本当に悲しくなってきます。


さかなっぺで失敗しても99円のアジならいいかな?
なんてことは思えません。99円でも食べ物は食べ物。

スーパーの店頭に並ぶまで時間がかかっているはずですし、
獲ってくれる漁師さんがいるからアジが食べられます。
そして輸送してくれる方達がいるおかげ。

さかなっぺと格闘していても、アジに対しては真剣でした。
失敗して無駄にしたらどうしよう?そればっかり考えてました。


以前、教師をしている夫が言っていたのですが、
100円ショップなどで安くモノを売っているせいか、
モノを大切に使おうと言う子が減ってきていると嘆いていました。

安かろうが高かろうが、いつまでもモノや食べ物を
大切にする心をもっていたいなと思った日でした。




メインサイト  節約*キッチンもヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

グルメニンキブログ
ダイニング・キッチンツールの話 | comments(4) | -

さかなっぺ

以前から欲しかったキッチンツールが届きました。
(こちらで紹介するのをすっかり忘れておりました・・・・・)

ぴーこがオーダーしたのが10月。
漁師さんたちに人気だったそうで、一度品切れになりました。
その後、新聞やテレビでも取り上げられていて、
届くのはまだまだ先だろうと思っていたツールです。


届いたのはコレ!

魚ッ平(さかなっぺ) 155mm

さかなっぺ2

ご存知の方も多いのでは?


ぴーこは魚を上手にさばけません(恥)
身をボロボロにしてしまい、魚を台無しにしてしまうことも。

これを使えば上手に無駄なくおろせるとのこと。
上手に使いこなせるか分かりませんが、買ってしまいました。


さかなっぺ

説明書きを読んでみると、汚すことなくさばけるとか?!
水も使わず30秒でおろせるって書いてあります。本当かな〜?

そうだとしたらキャンプでも使えそうです。

まだ使っていないのですが、時間を見つけては挑戦してみます!



メインサイト  節約*キッチンもヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

グルメニンキブログ



ダイニング・キッチンツールの話 | comments(6) | -

ロハスなお箸

箸美人になりたくて、兵左衛門のお箸を買ってから3ヶ月。
(詳しくはコチラ

軽くて使いやすいし、なにより大量生産されたお箸よりとっても愛着が沸いてきました。

この箸を通じて、体づくりに欠かせない大切な食を食べていると言うこと、
お箸文化の国・日本人であること、
そしてお箸を通じて食文化を学ぶいいきっかけにもなっていました。

そんな時、主人のお箸の先が折れてしまいました。
食べている最中、誤って箸先を噛んでしまったようです。
ほんの1センチ程度の傷ですが、使用し続けるのは危なすぎます。

当の本人、相当このお箸を気に入っていたようで、がっかりしています。
「ずっと使い続けていこうと思ったのに・・・」
そう言っていました。

修繕が可能か、もしくはもう1本だけの販売が可能か兵左衛門に電話をかけて聞いてみたところ、
「お箸の傷を確認して見積もりを出しますので、郵送していただけますか?」
と言われました。

傷によっては修繕が可能らしいのですが、場合によってはもう1本だけの購入を薦める場合もあるそうで、とにかく郵送して見積もりを出してもらうことにしました。

見積もりの結果、箸先が少し短くなるとのことでしたが、修繕が可能とのこと。
結局1700円近くかかってしまいましたが、
安いか高いかは個人の価値観の問題。

安いお箸をたくさん買うのもいいかもしれませんが、
結局無駄にしていたら安いお箸も高くなってしまいます。

ぴーこは決して安いとは思いませんが、大量生産されたお箸と違って
愛着がわいていたお箸なので、大切に使っていこうと思っていたばかり。

モノにも命がある以上、いつまで使えるか分かりませんが、
出来るだけ大切に使っていこうと改めて思いました。
そんなことから箸美人の1歩が始まる、そう勝手に決め付けているぴーこです。

それにしてもずっと使えるお箸、ロハスなお箸だと思いません?


メインサイト  節約*キッチンもヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

グルメニンキブログ








ダイニング・キッチンツールの話 | comments(4) | -

包丁

先週の話です。

いつものように起きて、いつものように主人のお弁当を作っていたとき、
寝ぼけていたこともあったのか、左手人差し指を包丁で切ってしまいました。

ちょうどキャベツを切っていたとき。
いつものように切っていたのですが、包丁の切れがイマイチです。

「あれ?」
って思った瞬間、スローモーションのような映像になって包丁が人差し指めがけて、
「ざっくり」入っていくのを見てしまいました。

寝ぼけていなかったら、瞬間的に防げたかもしれません。
あんなに映像がスローモーションだったのも久しぶりです。

情けないのですが、本当にざっくり切ってしまいました。
血が流れ出しとまりません。
お弁当用のおにぎりも握れないので、ぴーこ母にお願いしておにぎりを作ってもらう始末。

朝からやってしもうた!!
そんな気分でした。

切れない包丁で作った傷なので、ざっくりと大きな傷になっています。
しかも、午前中は作業をしていると血がじんわりとにじんできます。
傷は深くなくても、血が止まらないので大変な1日を過ごしました。


そして、数日前の話。

傷も癒えて、いつものようにお弁当の準備をしていたときのこと。

「ざっくり」
情けないことに、また切ってしまいました。
しかも、同じ指の同じ傷のところ。
今度は思いっきり痛かったです(涙)

その瞬間を偶然みていたぴーこ父に、
「包丁使いが下手なんだよ」
と思いっきり言われてしまいました。

ぴーこが言うのも変ですが、決して下手ではないと思うんです。
人並みには扱えると思うのです。
ですが、2回も切るには原因があります。
そして、その原因も分かっています。

寝ぼけていたこともあるのかもしれませんが、一番は包丁の切れが悪いから。
最近忙しかったこともあり、包丁を研いでいませんでした。

なので切れ味も鈍くなっていて、野菜を切っていてもガタガタでした。
そして切り傷もガタガタです。

そんな包丁で切ったガタガタの野菜を見て、
申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいました。

やはり包丁はキチンと研ぎましょう。
美味しいゴハンを作るには、包丁の切れ味は必要です。
そして、ぴーこみたいなガタガタの傷を作らないために。

切れない包丁で切ると、イタイですよ・・・・・・。




メインサイト  節約*キッチンもヨロシク

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば

ダイニング・キッチンツールの話 | comments(12) | -

お弁当箱

ここでお伝えするのをすっかり忘れてしまっていたのですが、
2ヶ月前くらいにお弁当箱を新たに買い足しました。


毎朝、主人の昼用のお弁当を作ります。
そのとき使っていたお弁当箱のフタが壊れてしまい、
手で直しては使い、また壊れては直す・・・、そんな毎日でした。

そのお弁当箱は、どこで買ったかも忘れてしまうくらいお古のお弁当箱。
たしか色が可愛くて買ったけど、機能的には不満だらけ。

せっかくお昼ご飯を作っても冷めてしまったり、味気ないから
お弁当箱はきちんとしたものを買おうかなと思っていた矢先、
ついに修復不可能なくらい見事にフタが壊れました。

そんなこともあり、以前からほしくてたまらなかった
このお弁当箱を買いました。


お弁当箱

かわいいお弁当箱より、『和』っぽいものが欲しくて探して、
このわっぱのお弁当箱を買いました。

わっぱのお弁当箱にすると、おかずやゴハンが水っぽくなく、
美味しく食べられると聞いてから興味津々。

わっぱのお弁当箱を使ってお弁当を持たせた夜、

主人が、
「いつもより卵焼きが美味しかった」
とのこと。

やはりわっぱのお弁当箱は優れものだと感心させられました。
形もかわいいし、環境ホルモンを心配することもなさそうです。

主人はわっぱにおかずを詰めておむすびを、
ぴーこはゴハンとおかずを一緒に詰めて、
お昼用のお弁当箱としてこれから重宝しそうです。




参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば



ダイニング・キッチンツールの話 | comments(8) | trackbacks(1)

布巾

みなさんのお家のキッチンに、たくさんのふきんや
リネンがおかれていると思います。

お皿を拭いたり、テーブルを拭いたり、作業台を
拭いたり、用途は様々。

ぴーこもたくさんふきんを用意して、
あちこちふいていますが、なかにはふきんでお皿も洗っちゃいます。

料理研究科の有元葉子さんや、雅姫さん、
郡よう子さんも愛用しているびわこふきんと和太布


フキン1

洗剤を使わなくても、汚れが落ちちゃう優れもの。
ぴーこも大好きです。

茶渋のついた急須やコップなどもカンタンに落ちます。
アクリルタワシも有名だけど、洗剤要らずがいいですよね。

気になるときはちょこっと洗剤を使うだけ。
このふきんにしてから、洗剤使用率が減りました。

お湯が使えないキャンプ場でお皿や鍋、
カトラリーを洗うときはこのフキンがあると
とっても便利。お皿を洗って、お皿も拭ける。

機会があったら試してみたいのですが、
このふきんで体も洗えるそうです。
お皿を洗うのも拭くのもOK。
なんなら体もOK。

優れものじゃないですか?

難点は、スポンジのような形状をしていないから、
時々荒いにくいかな?


フキン2




参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば








ダイニング・キッチンツールの話 | comments(8) | trackbacks(0)

可愛いガーリックピーラー

鍋やフライパンはキッチンツールの中でも非常に重要な役割をします。
いわば主役級と言ってもいいでしょう。

そんな大きな主役に負けないくらい大活躍する、小さなキッチンツールがあります。
ぴーこのお気に入りのツール。そして、カワイイ奴です。

チリスのガーリックピーラー。
スイス生まれのチリスは50年という長い歴史を持つ老舗ブランド。
現在ではスイスはもとより、世界50カ国で愛されているブランドだそうです。

創業者の奥様がいつも涙を流しながら玉ねぎをきざんでいる姿をみて、
玉ねぎチョッパーを作ったことからはじまったチリス。
そんな思いやりから作られたチリス製品は、手に取った人たちにも優しいのです。

にんにくを剥くとき、上手く剥けずにイライラすることも・・・。
大量に剥かなくちゃいけないときは、ため息すらも出ることも・・・。

水につけたり、レンジで温めたり、ぺティナイフで剥いたり、
いろいろな方法があるけど、このガーリックピーラーにはかないません。

にんにくの粒をピーラーの中に入れて、手のひらでゴリゴリと転がすだけ。
ツルンとにんにくが剥けて、気持ちがいいのです。
何より楽しいのです。

こんなシンプルなピーラーをあるメーカーがコピーしたそうですが、
にんにくの皮が全く剥けず、あきらめたほど。
ピーラーのゴム部分に秘密が隠されているそうです。

にんにく剥きがこんなに楽しいなんてそう思わせてくれるピーラーは、
脇役だけど欠かせない味のある役者かもしれません。

ガーリックピーラー

参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ



ブログひろば
ダイニング・キッチンツールの話 | comments(4) | trackbacks(0)

Profile

Category

Archives

Links

Comment


Trackback

おススメ!

勉強するならココ!    今注目の食育!         ぴーこもFC友達も利用中!らでぃっしゅぼーや    高級レストランもお得に!                                         参加しています!                       

Other